糖尿病を改善するならインシュリンは必要不可欠!?

糖尿病は血糖値が高くなりすぎる病気だと言えます。そのため治療においてもいかにして血糖値を下げ適切な値にキープするかがポイントです。

インシュリンの働きとは?

高すぎてもいけませんが低すぎても低血糖症になってしまうため必要な量をしっかりキープする必要があります。人間は食事をするとその後急激に血糖値が上昇していきます。血糖は体を動かすためのエネルギーになりますのでこれは当然のことと言えるのですが、余ってしまった血糖は自然と処理され血糖値が下がるようにできています。


なので健康な人は糖尿病患者の方とは違い必要以上に血糖値が上昇してしまうことが基本的にありません。それはなぜか、インシュリンが働いているからです。インシュリンには余分な血糖をコントロールする働きがあり、常に血糖値を適切な値にキープしてくれます。つまり糖尿病患者の方というのはなんらかの理由でインシュリンが十分な働きをできなくなってしまっているのです。

糖尿病改善にインシュリンは欠かせない存在

糖尿病になると体内でインシュリンを作り出す力が低下、もしくはまったくなくなってしまいます。インシュリンがなければ血糖値をコントロールすることもできませんのでなんとかして補わなければいけません。そこで登場するのが有名なインシュリン注射です。外部からインシュリンを摂取することで意図的に血糖値を下げる仕組みです。

このことを考えると糖尿病の改善、つまりは血糖値を下げるためにインシュリンは必要不可欠な存在だと言えます。糖尿病でも体内でインシュリンを作る力が残っていれば注射ではなく運動療法食事療法をする選択肢もありますが、どちらにせよインシュリンがなければ血糖値を下げることは絶対にできません。

インシュリン治療をするかどうかは病状などによって違ってきますが改善のためにインシュリンそのものが必要になるのは間違いない事実で、それだけ重要なホルモンがインシュリンなのです。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ