糖尿病になると血糖値を下げるホルモンが足りなくなる!?

私達が食べる食材の多くには糖が含まれています。糖は体の中でエネルギーに変換されるものですのでとても重要で、私達が活動するためのガソリンのようなものです。そのため食事の直後は誰でも血糖値が急激に上昇し、一時的に高血糖の状態になります。ですがあるホルモンの働きによって糖はエネルギーとして変換され、筋肉などに取り込まれていきます。


血糖値を下げるホルモンとは?

そのホルモンというのがインスリンです。糖尿病というとインスリンという言葉も一緒に聞くことが多いと思いますがインスリンはホルモンの1種で血糖値を下げる働きがあるのです。

インスリンは膵臓で作られるホルモンで、血糖値が高くなると分泌されて血糖値をコントロールしてくれます。健康な人の場合このインスリンの量や作用の力が十分なためしっかりと糖を処理できるのですが、糖尿病の方はそれができていない状態だと言えます。

糖尿病になるとインスリンが不足する

糖尿病には1型と2型の2種類がありますが、どちらの場合でも体内で作られるインスリンの量が低下、もしくはまったく作られなくなってしまいます。

食事によって摂取した糖を十分に処理できなくなってしまうので食事を直後だけでなく慢性的に高血糖の状態になってしまいます。つまり糖尿病の方が高血糖になるのにはインスリンの不足が大きな原因として関わっているのです。

たとえば1型の場合はインスリンを作り出す細胞が破壊されてしまい、インスリンをまったく作れなくなってしまいます。2型は肥満などが原因でやはりインスリンの量が減り、血糖値をコントロールするのが難しくなります。

だからこそインスリン注射をするなどして不足したインスリンを補う必要があるわけです。このことからわかるのは糖尿病は糖を過剰摂取しているというよりは糖の摂取量に関係なくインスリン不足で血糖値を下げることができない状態だと言えます。インスリンがいかに重要なホルモンであるかがわかります。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ