糖尿病で高くなった血糖値を下げるにはインスリンしかない!?

糖尿病によって血糖値が高くなっている場合、なんとかしてその血糖値を下げる必要がありますが、その代表的な方法がインスリン注射です。インスリンを注射することで血糖値を下げることができ、糖尿病の治療ではよく用いられる方法だと言えます。

血糖値を下げるためには運動や食事も大切

では、インスリン注射でしか血糖値は下げられないのかというとそうではありません。適度な運動や食事も血糖値を下げる効果があり糖尿病患者の中でも運動療法や食事療法をしている方は決して少なくありません。


たとえば運動をすることで血糖値を下げることができますので毎日ウォーキングなどの軽めの運動をすることで血糖値をある程度コントロールできるようになります。

食事療法も同様で、毎日の食生活を変えることでそもそも血糖値が急激に上昇しないようにすることが可能です。糖尿病というとインスリンと考えてしまいがちですがインスリンに頼らない方法もあるわけです。

選択肢がインスリンしかない場合も

運動療法や食事療法は血糖値を下げる方法として有効なのですが1つ大きな問題があります。それが体内でインスリンを作り出すことができるのかどうかです。

血糖値を下げるためには絶対にインスリンが必要で、運動療法食事療法はインスリンの働きをサポートするような意味合いがあります。ですのでそもそも体内でインスリンを作ることができなければ効果を期待することはできません。

糖尿病の症状が進行すると体内ではインスリンを作れなくなってしまうのですが、こうなってしまうとインスリン注射でインスリンを補充するしかなくなってしまいます。つまり早期の糖尿病ならインスリン注射以外の方法で血糖値を下げられるのですが、進行してしまうとインスリン注射でしか血糖値を下げられないわけです。

糖尿病の状態によって違ってくることになりますのでまずは自分の症状をしっかり把握することがポイントです。そのうえでどうやって血糖値をコントロールしていくのかを決める必要があります。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ