1型糖尿病治療に必要なインスリンの種類は?

糖尿病の中でも特に1型糖尿病はインスリン注射をしてインスリンを摂取することが重要です1型糖尿病だと体内でインスリンを作り出すことができませんので外部から投与するしかないからです。

この時、インスリン製剤と呼ばれるインスリンを注射するわけですがその種類は1つではありません。いくつかの種類の中から1つ、もしくは複数の製剤を投与することになりますのでどんな種類があるのかを把握しておくことも大切です。それぞれの違いがわかれば自分にはどの種類が適しているのかも考えることができます。


インスリンの種類は5種類

インスリン製剤には超即効タイプ、即効タイプ、中間タイプ、混合タイプ、持続タイプの5種類があります。名称からもある程度どんなタイプなのかが判断できますが詳しく見ていきましょう。

超即効タイプはとにかく効果が出るまでの時間が短いタイプです。今すぐに効果を出さなければいけない、できるだけ早くインスリンを作用させたいといった場合に有効です。その代わり持続時間は5種類の中でもっとも短く、すぐに効きすぐに効果が切れるという特徴を持っています。

即効タイプは超即効タイプとほぼ同じで、効果が出るまでの時間を少し遅くした分、持続時間が長くなっています。

中間タイプは5種類の中でもっともバランスの良いタイプで、ゆっくり効き始めゆっくり効果が切れていきます。

混合タイプは少し特殊で、効き始めまでの時間が短く、しかも持続時間も長いのが特徴です。その意味では欠点がなく、非常に優れたタイプだと言えるでしょうか。

最後の持続タイプは血糖値を下げる力はそれほど強くないものの1日に渡って作用し続けます。食事の直後などでも急激に血糖値を下げる必要がない場合は便利だと言えるでしょう。

このようにインスリンと一言で言ってもその種類によって効果はさまざまです。どのタイプを使うのが良いのか、これは医師とも相談して検討していきましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ