インスリン注射のタイプとそれぞれの使用方法

糖尿病の治療には、主に食事療法運動療法、そして薬物療法があります。糖尿病治療での薬物療法は、食事療法と運動療法を行ってみても血糖コントロールが十分でない場合に用いられます。

薬物療法には具体的に飲み薬とインスリン注射があります。たいていの場合では、飲み薬だけで血糖コントロールができるのですが、1型糖尿病の人や飲み薬でも血糖コントロールがうまくいかない人、あるいは飲み薬にアレルギーのある人などにはインスリン注射が用いられる事になります。


インスリン注射のタイプ

インスリン注射と一口に言ってもいくつかのタイプがあります。それぞれのタイプの特徴やインスリン注射の使用方法をここでご紹介しましょう。インスリンの効果が現れるまでの時間やその効果の持続時間によって、インスリン注射には5つのタイプに分けられます。

超速効型、速効型、中間型、混合型、持効型の5タイプです。食後の血糖値をスピーディに下げる効果があるのが超速効型と速効型です。超速効型は10~20分で効果が現れてきて、3~5時間程度、効果が持続します。速攻型は食前の30分前に注射して、1~3時間後に現れる効果がピークとなり、5~8時間程度、効果が持続します。

持効型というのは、注射をしてから1~2時間で効果が現れてきて、1日中効果が持続します。中間型と混合型は、速効型・持効型のいいとこ取りをしたようなタイプになります。

インスリン注射の使い方

この中のどのタイプのインスリン注射をするのかインスリンの種類や量などは、担当の医師が患者さんの状態や血糖値の状態などを見ながら判断します。インスリン注射の回数が1日に1回で良い人もいますし、1日4回注射する必要がある人もいます。

インスリン注射の最近の主流は、万年筆型の注射器となっているようです。万年筆でインクが入っている部分にインスリンが入っていて、ペン先の部分が注射針となっているのです。

専用の注射針はとても細いので、痛みもほとんどありませんし、使用方法などは看護師からの指導があるので、自分でもすぐにマスターできるでしょう。またインスリン注射をする箇所は主に腹部ですが、太ももや腕に打つこともできます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ