飲み薬はない!?インスリンは注射でしか投与できないの!?

1日に数回必要となるインスリン注射は、使用する際には場所やタイミングを選ぶ必要があるので、生活を送る上で精神的にも大きな負担となるものです。誰もが簡単に便利にインスリン注射ができる時代で、さらに超極細の注射針の普及によって、インスリン注射の痛みもなくなりました。

患者の状態に合わせて、インスリンの作用発生時間や持続時間が異なるタイプのインスリン注射があり、それらを利用することでより血糖コントロールが容易になっていますし、注射器の使い勝手もどんどん進化しています。

しかしそれでも自分で注射をするのは大きな負担で、恐れを抱いてしまう方も多いようです。インスリン注射をためらうために治療がスムーズに行えないようなことも多くあるようです。


インスリンに飲み薬はないの!?

いくら進化したとは言えこのようなデメリットのアルインスリン注射よりも、飲み薬の方がより便利で誰もが精神的な負担なくインスリン治療が行うはずです。インスリンは、インスリンは注射でしか体内に投与することができないのでしょうか。

現在多くの科学者達によって糖尿病患者の生活と健康を向上させるために、より使いやすいインスリンを開発中で、注射以外のインスリン経口薬の開発にも取り組んでいるようです。

経口薬にすることによって、インスリン供給をより身体本来のメカニズムに近づけようとする意図もあり、それが実現すれば、利用者の利便性もかなり上がることでしょう。しかしこれまでにもアメリカで吸入インスリンが開発されたこともあります。

2006年にアメリカで吸入インスリンが世界で初めて承認されたのですが、取り扱いや事前検査などがとても面倒なことがあり、翌年には販売が中止されたこともあります。

近い将来にはインスリンの経口薬が日本でも発売される!?

日本でも現在、経口インスリンを開発中で、胃酸にも強い構造を開発することや、腸に届いたインスリンが素早く効果的に身体に吸収されることなどが難関となっているようです。

マウスを使用した実験では、血糖値が下がったことがすでに確認されており、近々臨床実験も始める計画にあるようです。インスリンの経口薬が実現すれば、血糖値乱高下の防止もより簡単に対処できるようになり、糖尿病患者の負担も大いに軽減できることでしょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ