糖尿病治療のインスリン注射は自己注射が原則?

すい臓から分泌されるインスリンの分泌量が減少したり、またはインスリンの作用の効き具合が悪くなることが糖尿病の原因です。

血糖値を下げる作用があるインスリンの分泌量が減少すれば、当然血糖値が高くなり、そのまま放置しておけば、網膜症腎症神経障害などの合併症を引き起こす可能性が高くなります。

糖尿病では合併症が最も怖いのですが、これを未然に防止するためにはインスリン注射が必要になるケースもあります。自分で自分の腹部や太もも、腕などにインスリン注射を打つことになるのですが、これは自己注射でないといけないのでしょうか。また経口薬との違いについてもご紹介します。


糖尿病治療のインスリン注射は自己注射が原則なの!?

糖尿病治療では食事療法運動療法がメインとなり、これにプラスして経口薬で血糖値を下げる治療が行われていきます。これらの治療を継続しても十分に血糖コントロールが出来ない場合には、インスリン注射が必要になります。このインスリン注射は、血糖値が急上昇するのを予防するために食前に打つものや、インスリンの基礎分泌を補うために朝に打つものなどがあります。

毎日欠かさず決まった時間で打つことが大切なインスリン注射ですから、自己注射が原則となっています。自己注射と聞けば何かとても怖いイメージを持つ人も多いようですが、最近では注射器もとても簡単に扱えるものや、針も極細で痛みの少ないものが開発されているので、自己注射の負担もかなり軽減されています。

経口薬とインスリン注射は何が違うの!?

では糖尿病治療で用いられる経口薬とインスリン注射とではいったい何が違うのでしょうか。経口薬の役割りは、すい臓に働きかけてインスリンの分泌を良くしたり、細胞や筋肉に働きかけてインスリンの作用が効きやすくすることです。

インスリン注射は、経口薬のようにインスリン分泌を促進するものではなくて、インスリンそのものを補給する治療方法になります。

ですから経口薬よりも、より作用や効果も確実にはっきりと現れるので、血糖コントロールもより簡単になるというメリットがあります。インスリン注射は自己注射が原則ですが、事前に医師から注射の仕方や用量などの指示が細かくあり、それに従って行うので大きな心配もありません。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ