糖尿病治療のインスリン注射は食事に合わせて投与する?

健康な人の体の血液中には常に少量のインスリンが分泌されていて、食事をすれば血糖値がグンと上昇するのでさらにインスリンが大量に分泌されます。前者をインスリンの基礎分泌と言い、後者をインスリンの追加分泌と言います。

この2種類のインスリン分泌が正しく行われることによって、血液中のブドウ糖が常に一定に保たれているのです。インスリン自体の分泌量が減少したり、働きが悪くなってしまう糖尿病では、この2つのインスリン分泌を上手く補うためのインスリン注射があります。このインスリン注射にはどんな種類があって、どんなタイミングで投与するのでしょうか。


インスリン注射の種類

インスリンにはいくつかの種類があります。どの種類のインスリン注射を利用するのか、そして用量などは医師からの指示があるのできちんと守ることが大切です。インスリン注射は、その効果が現れるまでの時間と効果が持続する時間によって種類分けがされています。

注射してから10~20分程度で作用し始めるのが「超速効型」で、持続時間は3~5時間程度です。30分程度で作用し始めるのが「速攻型」で、持続時間は8時間程度です。1時間半程度で作用し始めるのが「中間型」で、持続時間は24時間です。

「持効型」も持続時間は24時間で、作用し始めるのは1時間程度です。「混合型」も作用の持続時間は24時間で、作用し始めるのは30分程度となっています。このように種類の異なるインスリン注射を1日の中で数回打つことで、血糖コントロールが容易になります。

糖尿病治療のインスリン注射はどんなタイミングで投与するの!?

基本的に糖尿病治療のインスリン注射は毎日の食事に合わせて投与することになります。作用し始めるまでの時間が速い超速効型は食事の直前に、速効型では食事の30分前に投与していきます。食後の急激な血糖値上昇を、これらのインスリン注射をタイミング良く投与することで正常に保つことが出来ます。

持続時間が24時間の中間型や持効型、混合型は、生理的なインスリン基礎分泌パターンにより近づけるためのものです。不足しているインスリン基礎分泌を効果的に補うことで、空腹時の血糖値上昇を抑えることが出来ます。インスリン注射は、それぞれの種類に応じてタイミング良く投与することで、食後の高血糖を予防するものと、空腹時の高血糖を予防するものがあるのですね。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ