糖尿病になったら自宅でも血糖値を測定できるようにしよう!

血糖値は病院でしか測ることができないわけではありません、自宅でも血糖値測定器を使って血糖値を知ることはできます。自宅で血糖値を測定するメリットは様々ですが、定期的に測ることによって血糖コントロールがしやすくなると言うことがあります。

糖尿病改善のためにも自宅で測定を

血糖値は健常な人でも常に同じわけではありませんし、まして糖尿病のように薬を服用している場合はコントロールも難しくなります。ですから自宅で血糖値を定期的に測定し、血糖コントロールできているかどうか知る必要があるのです。


さらに自宅で血糖値を測定することで、記録をこまめにつけることができ、次回病院を受診するときに医師がより正確な判断を下す材料にすることができます。

血糖値の自己測定はインスリンの治療におけるもっとも重大な役割を担っていると言うことが今、糖尿病専門医の間で共通の認識となっています。日常生活を難なく過ごすためにも、血糖値を知ることは非常に有効な手段と言えるでしょう。

血糖値を自己測定すると良い人

血糖値の自己測定は医師から指示されることもありますが、薬局に行けば測定器が売っていますので、糖尿病の心肺がある方であれば自分の意思で測定することもできます。

ですがより血糖値を測ったほうが良い人がおり、それは1型糖尿病でも2型糖尿病でも、自己注射療法を取り入れている人は自己測定することでより治療の効果が見られるようになります。

また妊娠している方や妊娠したいと言う方の場合、糖尿病は早産や死産、低体重児などの原因となってしまいますので、自己測定しておくと安心でしょう。

他にも糖尿病以外の病気を発祥した、インスリン療法を行っているといった人は血糖値を自己測定することが有効となります。血糖値を自宅で測定する場合、健康保険が適用される場合とされない場合がありますが、医療機関を受診していないと言う場合でも、身内に糖尿病患者がいる、最近太ってきたなど心配があるなら自己測定をしてもいいでしょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ