糖尿病を気にして血糖値の計測器を購入する人が急増中

血糖値を気にしている人は増え、血糖値を自宅でも測ろうと測定器を購入する人が増えています。血糖値を自宅で測ることで、毎日の血糖コントロールの具合を見ることができますし、糖尿病をいち早く疑うこともできます。

増える血糖値測定機構入者

今はたくさんのメーカーが血糖値測定器を販売していますから、それだけ多くの人が糖尿病や血糖値に関心があると言うことです。糖尿病になると心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まりますし、壊疽や人工透析など日女生活に支障をきたすため怖いことばかりです。

そんなリスクを少しでも回避するために、血糖値測定器を購入することは決して悪いことではありません。


血糖値測定器はどのくらいで買えるのか

血糖値を測定していると言う人がまわりにいれば、自分も測ってみようかなと思うでしょうが、血糖値測定器が行く落雷するのか気になるという方もいるでしょう。血糖値測定器は通販でも手に入れられるものですから、大手ショッピングサイトなどで比較するのもまた一つの方法です。

しかし測定方法は決まっていますから、どのメーカーも血糖値測定器の価格にそれほど差はありません。最も多い価格帯は1~2万円であり、他に穿刺器具を用いる場合は別途料金がかかりますし、センサーの交換も必要です。たとえば1日3回測定すると言う場合はセンサーが1回当たり100円程度、針が1本10~30円ですから、1年で15万円は用意しておきたいものです。

価格が思った以上に高い、自宅で気軽に血糖値を図りたいという方は、費用が負担できる方法を知っておくと良いでしょう。血糖値測定器は様々な方法で販売されていますが、安心感を得るなら薬剤師から直接指導を受けられる薬局で購入することです。

ですが価格重視であれば海外の測定器のほうが安いことが多いので、海外製の血糖値測定器を検討すると言う方法もあります。また購入以外にもレンタルすると言う方法もありますので、あなたのライフスタイルや健康状態にあった方法で自宅で血糖値の測定を行ってみてください。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ