血糖値を測定する方法

血糖値は自分でも簡単に測定することができます。通常定期的に検査を受けるだけであれば、血糖値の測定は病院で行いますが、場合によっては自己測定を医師から指示されることがあります。また医師からの指示がなくても気になる方は自分で血糖コントロールを目的として血糖値を測ることも可能です。

血糖値の測定は自分でできる

血糖値の測定方法は測定器にチップあるいはセンサーを設置し、血液を吸引させます。少量の血液さえあれば測定できますので、指先に軽く針を刺して血を採取するだけで簡単に自動測定してくれるのが特徴です。


以前は血液の量もそれなりに必要でしたし、測定も自分でONとOFFを行わなければならない、測定後はふき取らなければならないといった作業が必要でしたが、現在は機器が発達し測定も自動的に行われ、ふき取りも必要ないものが出てきています。また血液を採取する場所は指先だけではなく、耳たぶなどからもできますので、消毒後、乾燥させてから採取しましょう。

血糖値測定方法の原理

血糖値はなぜ自分でも測ることができるのかと言うと、いくつかの方法に分けられているからです。

グルコースオキシダーゼ法ではセンサー中に含まれるGODとフェリシアン化カリウムが血液中にあるブドウ糖と反応することで、グルコン酸と電子が発生します。その際、電流が発生するのですが、血液中にあるブドウ糖の濃度と比例することで血糖値を図ることができます。

グルコースデヒドロゲナーゼ法ではセンサーに含まれるグルコースデヒドロゲナーゼがブドウ糖に飯能市、グルコノラクトンと電子を発生、さらに電極に電力が発生することで血液中のブドウ糖の濃度を測ることができるものです。

他にも酵素比色という方法があり、これはブドウ糖をヘキソキナーゼに反応させることで、ホルマザンを発色させ、ブドウ糖の濃度を測る方法、ブドウ糖が過酸化水素とグルコンを生成するグルコースオキシダーゼを活用し、キノン系色素を生成する方法があります。

この方法は薬局の薬剤師も把握しているものですから、もし病院から血糖値を自己測定するよう指示されたら、医師の話をきちんと聞き、判らないことがあれば薬剤師に相談してみましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ