血糖値の上下の変動はどれくらい気にするべきか?

血糖値は自分で意識しない限り、目に見えない物なので管理は難しいかもしれません。

健康な人はある程度までは体に備わっている機能が血糖値をコントロールしますが、健康に問題がある人の場合は自身でコントロールできなくなるため、健康にも障害が出てきます。血糖値は健康を見極めるバロメーターにもなりますが、血糖値が高い人は糖尿病のリスクも高まるので注意が必要です。


血糖値の見極め方

血糖値には個人差もありますし、同じ人でも測るタイミングやその時の精神状態によって結果が変わってしまいます。食後は誰でも一時的に血糖値が高くなりますが、これは自然な事なので問題ありません。興奮したりストレスを受けたりした時にも血糖値は上昇しますが、健康な人であれば、体の機能が血糖値をコントロールしてくれます。

しかし糖尿病の人は血糖値をコントロール出来ないため、高血糖の状態が続き体に負担をかけます。糖尿病が怖いのは深刻な合併症があるからです。食後でも平均以上に血糖値が高い人、高血糖の状態が長く続く人ほど、合併症を起こしやすいと言われています。また血糖値の変動が大きい人も体にかかる負担は大きくなります。

血糖値の上下変動について

血糖値の平均は空腹時が70から109mg/dl、食後は140mg/dl未満となっています。糖尿病と診断される場合は、空腹時が126mg/dl以上、食後は200mg/dl以上なので、平均よりも高い事がわかります。

しかし平均に近いからといって、安全だとはかぎりません。例えば空腹時は平均に近い数字でも、食後に170mg/dlあったとしたら上下の差が100以上になるわけですから、体にかかる負担を考えると良い状態とは言えません。

上下変動の差が激しい場合は、糖尿病と診断される数字ではなくても、糖尿病予備軍である可能性は高いかもしれませんので、念のため病院に行って詳しい検査を受ける事をおすすめします。これには常に自分の血糖値を把握しておく事が大切です。もしも上下変動が激しいなら、数字に関係なく注意が必要です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ