人間ドッグで検査したら糖尿病予備軍と診断されてしまった・・・

人間ドッグは会社や自治体が定期的に行っている健康診断よりも、より専門的な検査が可能となります。もちろん何もなく健康であってほしいと思う気持ちで受診しますが、万一異常や病気が見つかっても、早期発見できたと考えてみてください。

人間ドッグを受けずにいたらその病気も発見できず、症状が進行していた可能性もあるわけですから、すぐに治療を受けられるのは良い事です。


人間ドッグで糖尿病予備軍と診断された場合

この場合も捉え方は人によって違いもありますが、まだ糖尿病ではないと安心はできません。予備軍という事は既に糖尿病になるリスクを抱えているという事ですから、青信号ではなく限りなく赤に違い黄色信号と捉えてもいいくらいです。

糖尿病予備軍にもレベルはありますので、既に何らかの症状が出ている人もいます。糖尿病は自覚症状が無いので、予備軍のうちにリスクを発見できたのはむしろラッキーな事かもしれません。まだ予備軍であっても今すぐに生活習慣を改善していく必要があります。

予備軍でも油断はできません

もしも家族に糖尿病の人がいたら、糖尿病になるリスクは非常に高いと思っておきましょう。リスクはあっても予備軍のうちに徹底して改善していけば、糖尿病になる可能性は軽減できます。生活習慣の見直しと食事の改善はとても重要です。さらに糖尿病になる多くの人が、しっかり食事をするのに全く運動しないという共通点があります。

運動不足は太る原因になりますし、年齢とともに基礎代謝が低下していきますので、普通に食事をしていても運動しなければ太りやすくなります。これも肥満の原因となり糖尿病のリスクを高めますので、食事制限をしながら運動をして体重も管理していきます。

予備軍のうちにこれを徹底していれば、糖尿病のリスクも軽減できます。ただし症状が改善されたからとそこでやめてしまうとすぐ元に戻り糖尿病のリスクも高まるので、予防と改善は続ける事が大切です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ