高血圧の診療を受けながら糖尿病の検査を受けよう!

日本国内での糖尿病患者数は、その予備軍まで加えるとなんと2000万人以上にも上ると言われています。そして高血圧の患者数はさらに多くおよそ4300万人もいると言われています。糖尿病も高血圧もまさに国民病と言えるでしょう。

日本人の中高年の多くが糖尿病と高血圧に悩まされているのですが、糖尿病の人は血圧が高くなりやすい傾向にあります。糖尿病患者の40%から60%は高血圧も同時に患っていると言われており、この2つの生活習慣病には深い関わりがあるのです。どちらも初期症状が分かりずらい病気ですから、早期発見のための検査がとても大切です。


糖尿病と高血圧には深い関わりが!

糖尿病も高血圧もどちらも合併症が怖い病気です。脳卒中や心筋梗塞などの日本人の死因の上位を占めているこれらの病気は、もともとは糖尿病や高血圧が相互に影響しあい悪化し、動脈硬化が進行した結果、起こる病気です。

糖尿病の合併症には腎症もありますが、これも高血圧によって進行が早まります。血管が硬くなり広がりにくくなることと、体内に流れる血液の量が多くなり過ぎることが高血圧の直接的な原因です。

また塩分の多い食習慣や肥満遺伝的な要素など、さまざまな要因が高血圧を招きます。高血圧も糖尿病も初期段階では自覚症状が少ないので、ついつい放置してしまいがちです。糖尿病患者は、血圧がそれほど高くない場合でも、血圧が上がらないように注意が必要です。血糖値と血圧コントロールには深い関わりがあり、どちらも健康を大きく左右するものです。

高血圧の診療を受けながら糖尿病の検査を受けよう!

糖尿病よりも先に高血圧が発見されるケースも多いです。高血圧と診断されたら、高血圧の診療を受けながら、定期的に糖尿病の検査も受けるようにしましょう。

糖尿病患者の40%から60%が高血圧を持っているのですが、これは血糖値が高い状態では、血液の浸透圧も高くなるためです。血圧の浸透圧が高いと細胞内の水分が細胞外に出やすくなり、体液と血液量が増加して血圧が上がってしまうからです。

他にも糖尿病患者は肥満の人が多いですが、肥満により交換神経が緊張していき、血圧を上昇させるアドレナリンなどが多く分泌されてしまい、これが高血圧の原因になるのです。高血圧と糖尿病はどちらも密接な関係があるので、どちらかを診断されたらもう一つの病気も十分に気をつけましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ