糖尿病かどうかは健康診断の血糖値を目安にしよう!

健康診断の結果は今の健康状態を知ることができるだけでなく、これから将来的にかかるかも知れない病気の可能性を知ることも出来ます。

糖尿病は国民病とも言われるくらいに多くの人が発症しており、その予備軍まで含めれるとかなりの数になると言われています。健康診断を受けることで、今は基準値であったとしても、糖尿病にかかるかも知れない、という予測もできます。


糖尿病かどうかは健康診断での血糖値が目安に!

糖尿病かどうかの目安となるのは、やはり血糖値です。血糖値以外にも内臓肥満なども糖尿病など生活習慣病全般の要因となりますので注意が必要です。血糖値というのは、健康な人でも食事の前と後ではかなり数値が異なります。

健康診断の場合には、朝食は摂らないように、また前日の22時くらいまでには夕食を済ませるようにと指示があるはずです。これは空腹時の血糖値を測定するためです。

この空腹時血糖値の基準値は70~110mg/dl未満なのですが、これより高い場合には、糖尿病型と診断されますので、再検査が必要になります。この空腹時血糖値以外にも、HbA1c(ヘモグロビン エイ ワンシー)も糖尿病かどうかの参考材料になります。このHbA1cは、過去1~2ヶ月の血糖値を調べる検査で、基準値が4.6~6.2%ですから、これより高ければ糖尿病の疑いがとても濃厚であると言えるでしょう。

血糖値に異常なしでも要注意!

空腹時血糖も4HbA1cもどちらも基準値だったからといって安心してはいけません。この2つの数値が高めの人は食後の血糖値が高いことがとても多いのです。糖尿病かどうかを判断する検査として、ブドウ糖負荷試験2時間値が200mg/dL以上であるという基準も設けられています。

基準値でも、空腹時血糖が100mg/dl以上だったり、HbA1cが5.5%以上の方のほとんどがブドウ糖負荷試験2時間値が200mg/dL以上で、糖尿病型や境界型と診断されているのです。

糖尿病の境界型の時期からすでに血管には大きなダメージがかかっていますので、健康診断での血糖値の数値が高めな方は、早めに食事療法などで対策を考えていきましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ