健康診断結果の尿酸値が高いと体にどんな影響がある?

健康診断結果で尿酸値が高いと体にどんな影響があるのか気になりますね。尿酸とは細胞内に常に存在しているもので、本来であれば生成される量と体の外に排出される量のバランスが一定に保たれるようになっています。

尿酸は、プリン体という物質を代謝した結果、体内に残る老廃物です。他にも運動によるエネルギー消費によっても尿酸は作られています。尿酸値とは血液中の尿酸の濃度のことで、一般的に男性の方が高いとされています。

尿酸という名前なので尿の酸性度、という勘違いをされる方が多いのですが全く違います。この尿酸値が高くなる原因や尿酸値が高いと体にどんな影響があるのかをここで紹介したいと思います。


尿酸値が高いとどんな危険があるの!?

細胞内での新陣代謝が行われた結果、最終的にできる老廃物が尿酸なのですが、尿酸は血液や水に溶けにくいという特徴があります。ですから、血液の中に尿酸が増加すると結晶になって体の至る部分に沈着してしまうことになるのです。

例えば激しい腹痛があることで知られる尿路結石は、この尿酸が尿の中で結晶になった結果作られるものです。さらにこちらも激痛で知られる痛風発作も尿酸が体内で増えるために起こります。

尿酸の結晶というのは尖っていて、関節の中で結晶になってしまうと痛風発作が起こるのです。さらに尿酸は腎臓でも結晶になりやすいので、腎臓の機能低下になりやすいです。

尿酸値が高くなる原因は!?

健康な人であれば、尿酸値は常にバランスが保たれているのですが、どうして尿酸値が高くなるのでしょうか。その原因としては肥満やアルコールの過剰摂取、激しい運動や、プリン体が多い食べ物の食べ過ぎ、などが挙げられます。

肥満の方はそれ自体が尿酸が尿に排泄する働きを悪くします。さらに肥満の人の多くはプリン体を多く含む食べ物をたくさん食べる傾向にあります。

また多量のアルコールは、肝臓での尿酸合成を高めてしまいます。そして激しい運動は、筋肉を酷使するので、全身の新陣代謝が高まります。それと同時に尿酸も多く生成されるので、尿酸値が高くなるのです。

プリン体を多く含む食品には、ホルモンなどの動物の内臓やハム、ソーセージなどの肉の加工品、きなこや大豆、味噌などの豆類にも多く含まれています。尿酸値が高い方で肥満の方はまず痩せること、そしてプリン体を多く含む食品を控えたり、アルコールの摂取も控えるようにしましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ