尿検査で糖尿病の状態を知ろう!

健康診断で行われる尿検査は、誰もが一度は受けたことがあると思います。コップに尿を採取して、その尿に試験紙を入れて検査をします。身体への負担も少なく、色々な項目を検査できる優れた検査方法です。

尿検査で調べることができるのは、尿たんぱく、潜血、尿糖などです。糖尿病の状態を知ることができるのは、この中の尿糖です。どうして尿糖が高くなるのか、糖尿病や他の病気とどんな関係があるのかをご紹介しましょう。


尿検査で糖尿病の状態を知ることができる!

糖尿病が気になる方は、尿検査結果の中の尿糖をチェックしましょう。この尿糖の結果で今の状態を知ることが出来ます。血糖値が常に高くなることが糖尿病ですが、血液中の糖分が多いということは、尿にもたくさんの糖が排出される事にもなります。

尿糖の検査結果は数値ではなくて、陰性-や陽性+、などと表されます。陰性-であれば問題なしなのですが、陽性+であれば尿糖が出ているということです。

+の数が多いほどに尿糖がたくさん出ていることになります。また微量の場合には、±という表し方の場合もあります。尿糖が±か、陽性+以上であれば再検査となります。

しかし尿検査で陽性になったからといってすぐに糖尿病である、ということではありません。糖尿病の可能性が高いのは事実ですが、糖尿病が関係していない場合もあります。糖尿病の状態をある程度は知ることが出来ますが、より詳しく知ることができるのは血液検査です。

糖尿病以外でも尿に糖が出る病気もある!

尿検査で尿糖が陽性が出るのは糖尿病に限ったことではありません。腎性糖尿は血糖値が正常でもブドウ糖を再吸収するための尿細管の働きが弱っている時に起こります。

腎臓が正常に機能していれば、尿糖が基準値を超えることはないのですが、腎臓の働きが弱っている場合には、血糖値が正常でも尿糖が出ることがあるのです。腎性糖尿自体は治療の必要はありません。

他にも甲状腺の活動が異常になる甲状腺機能亢進症の場合も尿糖が出ます。甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になるために、尿糖が出たり、高血糖、体重の減少など、糖尿病と非常に良く似た症状が現れる病気です。

このような可能性もあるので、余計な心配を抱え込まないためにも、尿検査で陽性が出た場合には、再検査を必ず受けるようにしましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ