人間ドックで糖尿病の検査はできる?

糖尿病にならないためには毎日の食事をバランス良く摂り、運動を適度に行い、ストレスを溜め込まない、健康的な生活を送ることが最も大切です。しかし会社勤めをしていて毎日そうもいかない人も多いでしょうし、親族に糖尿病患者が多い方は自分も糖尿病にかからないかどうかが不安になるでしょう。

人間ドッグは、病院の検査と同じようなイメージを持っている方も多いと思うのですが、実際にはかなり異なります。人間ドックはどんなものなのか、糖尿病検査はできるのか、などをご紹介します。


人間ドックとはどんなもの?糖尿病検査はできる?

人間ドックでは、病気の治療を目的とした精密検査を行うものではなくて、病気の前段階の状態を発見することが目的です。さらに病気にならないための指導を行うことも目的としています。会社で行われている定期健康診断を受けているから大丈夫、と安心している方も多いかも知れませんが、実は定期健康診断での検査項目はとても少ないのです。

人間ドックでは検査項目も多いために、より詳しく自分の健康状態を調べることができます。糖尿病の検査はもちろん、他の生活習慣病、ガンなども検査もありますので、これらの病気を早期に発見できる可能性が、人間ドックの方がはるかに高いのです。

また、病気にならないための指導が行われることも大きなメリットです。自己管理をどうすれば良いのか、具体的に教えてもらうことができるので、毎日の生活にも役立てることができるでしょう。

人間ドックの種類と費用

人間ドックにはいくつかの種類があります。日帰りドックや1泊2日人間ドック、肺ドック、脳ドックやレディースドック、などもあります。これらの種類やネーミングは、施設によってさまざまです。

日帰りドックの基本検査項目に、オプション検査を組み合わせることにっよってネーミングが異なるようです。施設ごとに検査内容やネーミングは統一されていないので、事前にどんな検査があるのかをきちんと確認してから、自分が受診するコースを選ぶようにしましょう。

人間ドックは病気の治療が目的ではないので、健康保険が適用されません。ですからとても料金が高いです。日帰りドックの場合には3万円から5万円程度かかり、1泊2日コースなら5万円から7万円程度はかかります。

かなり高い費用がかかりますが、補助金制度もありますので、まず加入している健保の担当者に問い合わせをしてみましょう。人間ドックで検査しておけば費用以上の価値があるはずです。健康には替えることが出来ませんね。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ