健康診断で糖尿病の疑いを指摘された!再検査を受けないとどうなる?

健康診断で血糖値が高いと指摘されても、仕事が忙しいから、大して症状もないし大丈夫だからなどという理由で再検査を受けない人がいます。確かに健康診断の結果は紙で届きますし、産業医でもいない限り直接医師から注意を受けると言うことはないでしょう。

健康診断の結果は重要

健康診断でポイントとなるのはグリコヘモグロビン値です。血糖値じゃないのかと思う方もいるでしょうが、日本糖尿病学会ではグリコヘモグロビン値が6.5%以上になると異常と判断されます。ですが健康診断の場合、5.5%以上になると保健指導を行う目安としています。


というのも健康診断ではメタボリックシンドロームを防止することが前提となっているためであり、5.6%以上になると生活習慣を見直すよう注意喚起し、生活習慣を規則正しいものにするように推奨しているからです。

そして空腹時の血糖値が100mg/dl以上なら保健指導を、グリコヘモグロビンが6.5%以上または空腹時の血糖値が126mg/dl以上なら受診をするように定めているのです。

再検査しなければ分からないこと

糖尿病の疑いがあると言われたらできるだけ早めに病院を受診しましょう。再検査を行わなければ分からないこともたくさんあります。病院で行われる再検査では血糖検査が行われ、血糖値とグリコヘモグロビン値を見ることになります。

糖尿病の診断には複雑なフローチャートが敷かれており、健康診断だけでは決して知ることはできません。糖尿病で何より怖いのは合併症です。糖尿病性神経障害糖尿病性網膜症糖尿病性腎症動脈硬化症、下肢壊疽の5種類があり、この診断および治療も病院でなければできません。

健康診断はあくまで疑いの判断であり、糖尿病の診断を下し、詳しい検査や治療を行っていくのは病院になります。まだ症状が何もないからと再検査せずに放っておくと、いずれ重い症状が現れてくるでしょう。本当は糖尿病は怖い病気であると言うことを認識し、改善することができるということを知っておいてください。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ