糖尿病を改善するなら定期的に健康診断を受けよう!

よく言われるのが糖尿病とは検査の病気であると言うことです。これは糖尿病の初期段階では自覚症状がほとんどなく、治療せずに放っておく人が多いためです。

しかし治療せずにいると糖尿病はどんどん進行していき、重症化すると目が見えなくなる、壊疽を起こす、定期的に人工透析しなければならなくなるといったことが起こるようになります。糖尿病の合併症は本当に恐ろしく、日常生活に支障をきたしてしまうのです。


糖尿病の状態を見る健康診断

ですから糖尿病がどの程度進行しているかを知るためにも、定期的な健康診断は欠かすことができません。健康診断で血糖コントロールの状態を見て、合併症の早期発見をしていくことが、糖尿病を改善する最善の方法なのです。

糖尿病だから健康な人とは違うと言うことはなく、糖尿病の検査を定期的に行うことで、他の人とほとんど何も変わらない生活が遅れるようになります。ですから医師と連携しながら、検査を通して運動療法や食事療法などを勧めていくようにしましょう。

糖尿病の検査で行われること

糖尿病の検査の目的は血糖コントロールの状態を見ることですから、インスリンがしっかり分泌されているかどうかを血液検査によって判断することになります。

自覚がないからこそ健康診断で見つけることが必要不可欠で、空腹の状態で採血、採尿を行います。血糖値の判定は、126mg/dl異常で糖尿病の疑いがひどくかかり、ブドウ糖負荷試験を受けることになります。

110~125mg/dlでは境界域といい、糖尿病の疑いがかかっているので、できればブドウ糖負荷試験を受けることが勧められます。100~110mg/dlは正常域ではありますが高めなので、他に生活習慣病を抱えている場合はブドウ糖負荷試験を受けることを勧められます。

100未満の場合は特に問題なく、糖尿病の心配はありません。さらに尿検査では陽性反応が出るとブドウ糖負荷試験を、院生なら疑いを否定することは完全にはできないと言う状態で、血液検査との結果を照合することになります。もちろんこれらの検査は自分でできるものではありませんし、自覚症状がなければ糖尿病を疑うこともできませんので、糖尿病を改善したいのであれば、提起的な健康診断が必要となるのです。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ