1型より2型糖尿病の方がケトアシドーシスになりやすい!?

糖尿病には1型と2型という種類があります。1型糖尿病の場合はインスリンを作り分泌する膵臓にトラブルが起こり正常に分泌できなくなるタイプです。2型糖尿病の場合はその原因のほとんどが生活習慣にあると言われているので、1型は先天性な原因がありますが、2型の場合は後天性と考える事ができます。

1型より2型糖尿病の方がケトアシドーシスになりやすい!?

1型糖尿病の場合はインスリン不足というはっきりした状態であり、自力ではインスリンを生成する事も分泌する事も出来ないので、インスリン注射で対応します。

1型糖尿病は数が少なく、糖尿病患者の中で9割以上を占めるのが2型糖尿病だと言われています。2型糖尿病の場合は、生活習慣と食事、運動不足という原因があります。


後天性のものでもインスリンが正常に分泌されなくなるので、人によってはインスリン注射が必要になる場合もあります。しかしほとんどの2型糖尿病は、生活習慣と食事の見直し、運動を取り入れる事で改善できると言われています。ただしケトアシドーシスになりやすいのは、2型糖尿病だと言われているので油断はできません。

ケトアシドーシスとは?

ケトアシドーシスというのは、酸血症の事です。糖尿病によりケトアシドーシスになるリスクも高いので注意は必要です。なぜケトアシドーシスになるのかについてですが、これはインスリン不足が大きく関係しています。糖尿病になるとインスリンの分泌が正常に行われなくなるので不足した状態となります。

糖をコントロールするのがインスリンの役目ですが、これができなくなるので糖不足の状態となります。糖分は体のエネルギー源としても欠かせない栄養素ですから、不足すると体はそれをなんとかしようとして体脂肪で代用します。

ケトン体は脂肪が分解されるときに発生する物質ですから、インスリン異常によりどんどんケトン体が増えていきます。これが血液中に入り込むと、血液を酸性にしてしまい酸血症となってしまいます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ