ココナッツオイルで体に足りないケトン体を増やす!

糖尿病だと診断されると生活習慣の見直し、食事制限、運動をするように医師から言われます。これはすべて糖尿病になった原因が含まれているので、それを改善し今以上に症状を悪化させないためという目的があります。

薬物療法なども取り入れますが、生活習慣や食事の見直しと、運動なしでは糖尿病を改善する事は出来ないと言ってもいいくらいです。


ケトン体について

糖尿病になるとインスリンが正常に分泌されなくなるので、血糖値のコントロールができなくなってしまいます。糖尿病になると脂肪を増やさないために糖質や炭水化物を制限します。

完全にカットするわけではありませんが、今まで大量に食べていた糖質や炭水化物が減る事になります。糖質や炭水化物は体のエネルギー源となる物なので必要ですが、糖尿病の場合はこれ以上脂肪を増やせないので制限します。

すると体はエネルギー源を確保しようと体脂肪を分解させてこれに対応しようとします。ケトン体は体内で脂肪が分解されるときにできる老廃物ですが、インスリンが不足していると正常に排出できずに血液中などにも混ざり込み、血液を酸性にしてしまいます。これによりケトアシドーシスを起こしやすくなります。健康体には問題ないケトン体も、糖尿病患者にとっては厄介な物質となるのです。

脂肪の代わりになる物

脂肪を分解させないためにも糖質や炭水化物が必要なのですが、糖尿病患者の場合は制限しなければいけない理由があるため、食事も制限されてしまいます。しかしこの状態が続けば体脂肪を分解しようとするので、それに代わる物が必要になってきます。

こういう時におすすめなのが、ココナッツオイルです。ココナッツオイルはとてもヘルシーな油です。素早く吸収されるのでエネルギー源になりやすく、その上体に蓄積されにくいので、糖尿病患者にとっては理想的な物となります。ココナッツオイルにも種類はありますが、比較的クセもなく食べやすいオイルなので食事にも取り入れやすいと思います。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ