ケトン体が増えすぎるとケトアシドーシスという酸血症になる!?

普段はほとんど耳にする事がないと思われるケトン体は、体の中で脂肪を分解する時に発生する物質です。ダイエットをする場合は体脂肪を減らすために分解させてエネルギー源にするので、健康な人でもケトン体が発生します。

ケトン体のできる仕組み

通常はケトン体が増えても役目を終えたら、老廃物として体外に排出されます。過激なダイエット中に尿検査をすると、尿ケトン体が多いので陽性反応が出る事もありますが、ダイエットの方法を見直せばこれも改善されます。


妊娠初期のつわりでも、食事ができなくなるの一時的にケトン体陽性になる事がありますが、これもつわりが治まるのを待ちそれから対処できますので特に問題ありません。

しかし糖尿病の場合はケトン体がうまく排出できなくなるので、それが血液中に流れ出します。糖尿病の場合はケトン体が増えすぎると危険な状態になるので注意が必要です。

糖尿病でケトン体が増えすぎると危険な理由

糖尿病になるとインスリンが不足するので、糖分をうまくエネルギー源にできなくなります。さらに肥満も糖尿病の原因となる事から、食事制限と運動を取り入れた体重管理も必要になります。

糖質や炭水化物の摂り過ぎも肥満になり、それが糖尿病のリスクを高め症状を悪化させる原因となるので、食事制限も重要です。

しかしこれもエネルギー源が不足して、体脂肪を使おうとするので、ケトン体が増える原因となってしまいます。糖尿病の場合はケトン体をうまく排出できず、それが血液中に広がります。

ケトン体が侵入すると血液を酸性にしてしまうので、ケトアシドーシスという酸血症になるリスクが高まります。これにより意識を失う、昏睡状態になるなど重篤な症状を引き起こすので注意が必要です。

このためにも糖尿病だと診断されたら、糖尿病の治療と食事から摂る栄養管理、体重管理は全体のバランスが重要になります。糖尿病になっても症状を抑え緩和する事はできますので、早めに治療を開始するのも大切です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ