糖尿病との関係が深い「ケトン体」とは?

糖尿病の検査をする場合は、血液検査や尿検査、血糖値検査などを行いますが、この時検査項目の中にケトン体の数値も含まれます。ケトン体にもいくつか種類がありますが、これは一体どういう物なのでしょうか?

ケトン体とは?

ケトン体というのは体の中で脂肪を分解する時にできる、遊離脂肪酸の事です。糖尿病診断以外の目的でも血液検査を行いますが、ケトン体は糖尿病検査においては重要な項目となります。そもそも糖尿病というのは、インスリンが正常に分泌されなくなる事で、血糖値のコントロールができなくなる状態です。


健康な状態なら脂肪を分解する時にケトン体が生成されても問題ありませんが、糖尿病の場合はインスリン不足により血糖値をコントロールできなくなるので、体の中にケトン体が増えてしまいます。

これは血液中にも増えるので、血液が酸性の状態になります。本来血液はアルカリ性ですから、ケトン体が増えて酸性に変わってしまうと、体には大きなダメージを与えます。

ケトン体が増えるリスク

血液が酸性になると、酸性血症を引き起こし意識を失う事があります。この状態は非常に危険なので早い段階で適切な治療をしないと、死に至ります。

インスリンが正常に分泌されていればこうなる事はありませんが、糖尿病ではインスリンが正常に分泌できないので、ケトン体が増えてしまいやすい状態となります。ケトン体が生成されるのは、脂肪を分解する時なので、これを予防するために糖尿病には食事制限が必要となります。

主に糖質と炭水化物を制限しますが、どちらも健康維持には欠かせない栄養素なので、他の栄養や成分とのバランスを考えて摂取します。糖尿病の食事制限が重要だと言われるのは、こういった意味もあるからです。

糖尿病対策の食事には野菜を多めに取り入れ、野菜から食べ始めるのがいいと言われていますが、これは血糖値の上昇や脂肪の吸収を抑える事ができるからです。食事制限だけでなく運動で体脂肪を減らす事も大切です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ