ケトン体を増やし過ぎないように主食の糖質を減らそう!

糖尿病患者以外の人でも、体内で脂肪を分解する際、ケトン体という物質が排出されます。

これは有機脂肪酸の一種ですが、健康な状態では脂肪を分解する時にケトン体が生成されても老廃物とみなされ排出していくので特に問題は起こりません。ところが糖尿病の人はインスリンが不足している状態なので、糖質の多い食事をしているとケトン体がどんどん増えていきます。


ケトン体を減らしたい場合

ケトン体が増えていくと血液を酸性に変えてしまうため、ケトアシドーシスの状態となり、意識を失ったり昏睡状態になったりします。この状態は非常に危険であり、時には命を落とす事もあるといいます。糖尿病が怖いのはこのような合併症があるからです。

ケトン体を増やさないようにするには、食事制限も役立ちます。ただしこの場合制限しすぎてしまうと、栄養不足の状態となりかえってケトン体が増えてしまうので注意は必要です。これは足りない分を補うために体脂肪を分解して対処しようとするからです。

ケトン体を増やさないための食事

糖尿病には食事制限も取り入れますが、この場合脂肪になりやすい糖質や炭水化物は食べ過ぎも制限しすぎも良くありません。完全に無くしてしまうのではなく、少しずつ量を減らしていくのがベストです。

糖質を含むのは炭水化物もそうですが、主食には炭水化物が多く含まれているので、主食の割合は少し減らしておきたいところです。脂肪の吸収をおさえ血糖値の急上昇を抑えるには、野菜が欠かせません。

理想は主食を少し減らして、その分よりも多めの野菜をたくさん耐えることです。野菜以外にも果物なども多めに取り入れましょう。体の中の脂肪は多すぎても問題になるので、運動をして減らす事も大切です。

主食を減らしただけでは体重は落ちませんし、適度に糖質や炭水化物もとりいれながら、食べた分は体を動かして脂肪を燃やしケトン体をこれ以上増やさないように努力する事も大切です。糖質以外の栄養素もバランス良く取り入れてください。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ