中性脂肪が分解されるとケトン体が増える!?

糖尿病の人は多少の個人差もありますが、ほとんどの人が肥満体型をしています。肥満というのは体脂肪が多い状態ですが、体中に脂肪をまとっているのでケトン体が増えやすい傾向があります。

糖尿病とケトン体

ケトン体というのは体の中で脂肪を分解する時にできる物質ですが、健康な人はケトン体ができても体外へ排出されるので問題ありません。

しかし糖尿病の人はインスリンの分泌が正常に行われていないため、ケトン体を排出できなくなります。脂肪にも種類はありますが、肥満体型の人は中性脂肪が多い状態なので脂肪が多いほど、ケトン体の数も増えやすい傾向にあります。


このため糖尿病の治療には食事療法が欠かせません。これはケトン体の増加を防ぐために、糖質と炭水化物を制限するという目的があります。

しかし体は糖質も必要としていますので、制限しすぎてしまうと糖質の代わりに、中性脂肪を分解してエネルギー源にしようとします。これによりかえってケトン体が増えてしまい、症状を悪化させる事があります。

ケトン体をコントロールするには?

脂肪がありすぎるのも良くありませんが、食事制限で糖質を制限しすぎるのもケトン体を増やす原因となるので注意が必要です。この場合はバランスを考えて取り入れるのがポイントです。

しかし自分では体の中のケトン体の数を確認できません。これには医師との連携が重要です。定期的に検査をして血糖値だけでなく、ケトン体の量や血液が酸性になっていないかなども注意しておきましょう。

体に悪い物は摂取しないのが一番ですが、中には必要な栄養素や成分もありますから、完全に排除するのもよくありません。ここのバランスは見極めも大切です。

糖尿病になると完治が難しいので、血糖値や体重管理をしながら一生付き合っていく事になります。ダイエットして体重や脂肪を減らしてもそこで終わりではありません。そこから先それを維持して続けていく事も大切だと覚えておきましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ