健康診断の結果でケトン体が陽性だとどんな危険性がある?

ケトン体と聞いてもおそらくほとんどの人がどんな物質なのかわからないと思います。ケトン体というのは、体の中で脂肪を分解する時に発生する物質ですが、本来は老廃物なので発生しても体外に排出されます。しかし何らかの理由で排出されないと、体に害を与える物になってしまいます。

健康診断の結果でケトン体が陽性だった場合

ケトン体が多く発生するにもいくつか原因がありますが、糖尿病という可能性もあるので、もしも健康診断でケトン体が陽性だった場合は早めに詳しい検査をしたほうがいいと思います。


糖尿病以外で考えられる原因としては、妊娠もそのひとつです。この他では過激なダイエットや極端な食事制限のダイエットをした時に、食事から摂取するはずの栄養が不足してしまうので、足りない糖質や炭水化物の代わりに体脂肪を分解してエネルギー源にするためケトン体が多く発生する事があります。

この場合は尿の中に混ざるのでケトン体陽性となりますが、排出されていますしある程度原因が特定できれば、食事の見直しなどで改善可能です。

糖尿病だった場合の対処について

ただし糖尿病だった場合は少し事情が変わってきます。糖尿病の場合は肥満体型になっている人が多いので、食事制限をします。この場合炭水化物や糖質を制限しますが、この2つは体のエネルギー源となる必要な栄養素です。それが糖尿病の食事制限により不足してしまい、体脂肪をエネルギー源の代わりにしようとするので量が増えます。

糖尿病の場合はケトン体をうまく排出できず、これが血液中にたまってしまうと血液が酸性になりケトアシドーシスになるリスクが高まります。ケトアシドーシスは昏睡状態になる頃があるのでとても危険です。

健康診断でケトン体が陽性だった場合は、早めに原因を確かめそれに応じて適切な対処をする事が重要です。糖尿病の場合はケトン体の一種である、アセトンが発生するので口臭や体臭からアセトン臭がしますので、見分けやすいと言われています。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ