糖尿病と動脈硬化には深い関係性がある

動脈硬化とは、動脈が狭くなったり、あるいは硬くなることによって、血液の流れが悪くなる状態のことです。動脈硬化が進行すれば、心臓や脳の大きな病気につながります。

たとえば心筋梗塞や脳梗塞といった生命に関わる深刻な病気を引き起こす可能性があるのです。身近な病気である糖尿病は、この動脈硬化と深い関係性があります。軽く見られがちな糖尿病ですが、早い段階で改善していくことが大切です。


動脈硬化のメカニズムとは

動脈というのは心臓から押し出されてる血液を全身へ運んでくれる大切な役割りを持っています。狭くなったり、硬くなったりして血液の流れが悪くなったとしても、自分自身でなにか症状を実感することはありません。しかしこの動脈硬化をそのまま放置しておくと、心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞などの命に関わる病気に関係してきますので要注意です。

糖尿病は動脈硬化を進めてしまう

ではどうして動脈硬化になってしまうのでしょうか。それは、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が動脈硬化の大きな原因となっています。これらの原因によって、血管に大きな負担がかかってしまうことが動脈硬化の原因となっているのです。

動脈硬化には、さまざまな要因が関係しているのですが、特にお腹の肥満、つまりメタボや糖尿病は、それ自体が動脈硬化の危険因子となります。また血糖値が高い状態である糖尿病は、血管の内革にある動脈硬化を動脈硬化を防止するための働きにダメージを加えます。

糖尿病は動脈硬化を進めてしまう要因で、心筋梗塞や脳梗塞にかかる可能性も高いとされています。糖尿病それ自体には命の危険性がるものではない病気ですが、このようにさまざまな怖い病気になる可能性があるのです。

また、糖尿病と診断される前の段階である、境界型の糖尿病の人や、特に食後血糖値の高い人は動脈硬化になってしまうリスクが高いということも分かっていますので注意が必要です。血糖値と血圧の数値には気をつけて、食事や運動、薬を利用して、糖尿病を早めに改善していくことで、動脈硬化も防ぐことが出来ます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ