女性が糖尿病になると生理不順にもなりやすい!?

糖尿病になると、さまざまな合併症が怖いと言われています。糖尿病が原因によるさまざまな症状があるのですが、女性が糖尿病になると、生理不順になりやすいと言われているのをご存知でしょうか。実際、これは本当のことなのでしょうか。生理不順と糖尿病の関係をここでは詳しく見て行きましょう。


生理不順は糖尿病が原因!?

月経と糖尿病は一見すれば、何も関係がないように思えますよね。これまで生理不順の原因が糖尿病かもしれないと考えたことがある女性は少ないはずです。しかし実際、この生理不順と糖尿病には深い関係があるようです。

月経をコントロールしているのは女性ホルモンですが、この女性ホルモンは、糖尿病の原因となっているインスリンに大きな影響を及ぼしているのです。

インスリンは、血糖値を正常に保つためのホルモンで、血糖値の上昇と低下に関わりがあります。女性ホルモンには2つあり、生理から排卵まではエストロゲンが多く分泌されていて、排卵から次の生理前まではプロゲステロンが多く分泌されています。

エストロゲンは、インスリンの効き目を良くする作用があるので、血糖値低下につながります。一方のプロゲステロンは、インスリンの効き目を低下させる作用があるので、血糖値上昇につながるのです。

生理周期によっておよそ2週間ごとにエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が大きく変化するのですが、これがインスリンの効き目にも影響を与えてしまい、血糖コントロールがうまくいかないこともあるのです。またインスリンの分泌量が低下していると、排卵障害が起こりやすく、生理不順になりやすいようです。

糖尿病の女性が血糖コントロールを行うためには

血糖値を低下させるホルモンであるインスリンと、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンには、深い関わりがありお互いが影響を受けているのです。ですから糖尿病の女性は、血糖コントロールがうまくいかないと生理不順になりやすいのです。

生理不順の方は特に定期的に血糖値と基礎体温を測って、月経周期をきちんと把握しておくことが、糖尿病の改善にもつながります。生理前には特に血糖値が上昇しやすいので、根菜や海藻類などの食物繊維の多い食品を多く摂るようにして、血糖値が上昇しないように気をつけましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ