糖尿病の初期症状は体にどんなことが起こるの?

日本人の多くが糖尿病を患っていると言われています。糖尿病予備群まで加えると、その数はなんと900万人近くにまでのぼるとされています。年々患者数が増加しているという糖尿病は、国民病とまで言われている程です。

しかし糖尿病自体は、なにも怖い病気ではありません。ガンのように死に至る病気ではありませんから、糖尿病それ自体よりも、病気が進行してから合併症を引き起こしてしまうことが怖い病気です。進行しないためにも出来るだけ、初期の段階で正しい処置を行っていくことが大切です。


糖尿病の初期症状は体にどんなことが起こるの?

糖尿病の初期には体にどんな症状が起こるのでしょうか。糖尿病は血糖値が異常に高くなる病気です。血糖値が高くなっても自分で気がつくことはないのですが、ある程度、この状態が続くことで次のような症状が現れるようになります。

例えば、おしっこがいつもよりもたくさん出る。夏でもないのにのどが異常に渇くようになる。特に何もしていないのに、ものすごく体がぐったり疲れてしまう。さらにダイエットもしていないのに、体重が落ちてくる。糖尿病の初期症状として代表的なものはこのようなものです。

これらの症状に思い当たることがあれば、糖尿病の初期症状かも知れませんので、注意が必要です。中でも特に見られるのが、のどの乾きで、1日中のどが乾き、飲んでも飲んでものどが渇く、といった症状が現れた場合には、糖尿病の危険サインです。

体のダルさも糖尿病初期症状として良く見られるもので、仕事中に居眠りをするようになる人もいるようです。異常な喉の渇き、過度の疲労感など、思い当たる症状が複数あれば、かなり危険度が高いでしょう。他にも糖尿病の初期症状として現れるものとしては、手足のしびれや肌のかゆみ、立ちくらみや、甘いものがとても欲しくなる、などがあります。

糖尿病かも?と思ったら内科を受診しよう

もしもこれらの症状に思い当たる点があれば、出来るだけ早めに内科を受診するようにしましょう。そのまま放置していても症状が進行してしまうばかりです。正しい検査をしてもらうことが一番大切なことです。

初期症状を実感出来るようなレベルは、もう何か他の合併症が進行している可能性もあります。また、自分でも甘いものと脂肪分は極力抑えた食生活を心がけるようにしましょう。基本的には食事療法が糖尿病の主な治療方法になりますが、糖尿病が疑われる場合には、早めの受診がおススメです。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ