なぜ人は糖尿病になるのか

国民の4人に1人以上が、その患者、もしくは患者予備軍であると言われているのが糖尿病です。日本では、食生活が欧米化したことから爆発的にその数が増加したとも言われています。

糖尿病とはどのような病気なのか

糖尿病とは、簡単に言うと血糖値が異常に高い状態のことを指す病名です。血糖とは、食べ物や飲み物などが消化されることで作られたブドウ糖が、血液中に溶け込んでいることを指し、血糖値とは、そのブドウ糖がどれくらい血液の中に溶け込んでいるのかを示す値のことです。


健康な人ですと、このブドウ糖は細胞に運ばれ、必要としている場所に正しく届き、エネルギーとして消化されます。しかし糖尿病の人は、このブドウ糖が血液の中に溢れてしまっている状態にあります。

そのため、ブドウ糖が細胞に運ばれず、必要な場所に届かないため、様々な臓器や神経が機能不全を起こしてしまいます。その結果として、神経障害や網膜症、腎症、喉の異常な渇きや多尿と言った症状が合併症として現れるのです。

なぜ、糖尿病を発症するのか

血糖の値が高くなってしまうのには、インスリンが密接に関係しています。インスリンとは、すい臓のランゲルハンス島で分泌されるホルモンで、血糖値を下げることができる唯一のホルモンです。

これが正常に働いていると、食後、血中のブドウ糖は正しく細胞に運ばれ、全身を動かすためのエネルギーとして使用されます。しかし、これが不足したり、うまく作用しなくなると、ブドウ糖は血中に溶け込んだままであり、全身を正しく動かすためのエネルギーも不足したままと言うことになります。これが、糖尿病が発症するメカニズムです。

インスリンと食生活の関係

インスリンの分泌及び働きの異常により、糖尿病が発症すると言うことは明らかです。それでは何故、その分泌や働きに異常が発生するのかと言うと、先天的なもの、遺伝子などの異常、また他の疾病などが、その理由としては挙げられます。

しかしそれ以外にも、食生活や生活習慣が密接に関係していることも、最近では明らかになってきました。食べ過ぎ、飲み過ぎなどでインスリンが過剰に分泌され続けた結果、その機能が疲弊してしまい、正しく分泌されなくなってしまった、正しく働かなくなってしまうと言う具合です。国内における糖尿病患者の95%以上は、これが原因ですから、いかにインスリンと食生活に深い関係があるかが理解できます。

糖尿病は、発症してしまったら完全に治すと言うのはなかなか難しい病気です。しかし、血糖値をコントロールすることで、進行を防いだり、合併症を防ぐことは十分に可能です。

また、食生活に配慮すること、あるいは喫煙、運動習慣などの生活習慣を見直すことで、発症そのものを予防することも十分に可能な病気なのです。また、初期症状と見られる現象が見られた場合には、早急に医療機関に相談することも、早期発見のためには重要です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ