妊娠糖尿病になった人は要注意!2型糖尿病の危険性

妊娠中のお母さんが高血糖になると、赤ちゃんも高血糖になり、流産、奇形、心臓の肥大など障害が起こる恐れがあります。妊娠糖尿病になると、さまざまな合併症だけでなく、将来的に高頻度で糖尿病になります。お母さんと赤ちゃんの健康のためにも、この病気に関する正しい知識を持ちましょう。

2型糖尿病とは?

食べ物や飲み物を消化して作られるブドウ糖は血液で体中に運ばれてエネルギー源になります。血液中のブドウ糖の量を血糖値と呼びます。健康な人は、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓などに取り込むインスリンが正常に働いて、血糖値は一定の範囲内にコントロールされています。


インスリンが十分働かなくなると、ブドウ糖は有効に使われなくなり、血糖値は高くなって、放置するとさまざまな影響が出てきます。2型糖尿病は、インスリンの分泌が悪くなったり、働きが悪くなったために起こり、日本では約95%がこのタイプになります。

代表的な症状は?

糖が尿に出るときに水分も出すため、尿の量が多くなります。多尿で脱水状態となるため、のどが渇いて水分をたくさん飲みます。糖が尿として排出されるため、身体のエネルギー源としてタンパク質や脂肪を利用することのになり、体重が減ります。エネルギー不足と体重の減少によって、疲れやすくなります。

2型糖尿病は、症状がゆっくり進行するのが特徴です。自覚症状がない段階でも進行しているので、血糖コントロールを行わないと合併症を引き起こします。

早期の段階では血糖コントロールが有効ですが、進行するに従って困難になり、内服薬やインスリン注射などが必要になります。血糖値が回復しても、病気そのものは治らず、治療をやめると血糖値はまた上昇します。治療の継続と定期的な検査が大切になります。

怖い合併症とは?

細い血管に見られる特徴的な合併症は、三大合併症と呼ばれます。糖尿病性網膜症は、網膜の血管に障害が起こって視力低下などになり、放置しておくと失明することもあります。糖尿病性腎症では、腎臓の働きが悪くなり、腎不全や尿毒症などの重篤な症状を引き起こします。

腎不全になってしまうと人工透析を受ける必要があります。糖尿病性神経障害は、神経が障害されて信号が体中に伝達する働きが低下し、手足のしびれやほてりなどが現れます。足の感覚が麻痺して、傷に気づかず放置し壊疽になることもあります。

大きな血管の病気である動脈硬化によって起こる合併症には、脳卒中、心筋梗塞、足の壊疽などがあります。血糖値が高い状態が続くと、合併症が起こる可能性が高くなるため、治療をきちんと行うことが重要です。

妊娠中に高血糖になった場合には、十分な血糖コントロールをします。産後は、検査を受けて治っているかどうかの評価をしてもらい、その後も食事やライフスタイルに注意して、定期的に検査を受けるようにしましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ