その痩せ方!もしかして糖尿病かも

糖尿病のイメージは肥満と結びつけられることが多いですが、中には痩せるタイプの糖尿病もあります。最近急に痩せたと喜んでいても、それが糖尿病という病気から来るものでは全く嬉しくありません。ここでは、どのような痩せ方だと糖尿病の危険性が高いのかを見ていきます。

その痩せ方は体が危険信号を発している可能性も

特別ダイエットしている訳でもないのに痩せるという場合、急激に痩せたようであれば糖尿病の疑いがあります。

ダイエットの基本は消費カロリーが摂取カロリーを上回る状態を維持することですが、そういう状態でもないのに痩せているのならば、体が危険信号を発している可能性が高いです。この状態は、糖尿病が進行してしまっている可能性が高いです。


なぜ痩せるのか?

なぜ糖尿病で痩せるのかというと、余った糖分が血液内に残り、それがそのまま体内に栄養として蓄積されずに尿と一緒に排出されてしまうからです。正常な人の体では、膵臓のランゲルハンス島という所からインシュリンというホルモンが放出され、この力でブドウ糖がグリコーゲンに変換されます。

このグリコーゲンは体内でエネルギーとして使われます。これが過剰になると脂肪として体内に蓄積されてしまうわけですが、インシュリンが分泌されなくなると、必要な栄養素すら体外にそのまま排出されてしまうことになります。

イメージとしては、管を立てて、上からジュースを流して、そのまま下から出てきてしまう状態が繰り返されるようなものです。つまり、何を食べても飲んでも、身になってくれない状態が続くというわけです。こうなると、脳に栄養が行かずに頭がボーッとしたり、疲れやすくなります。

不自然な痩せ方を放置すると危険!

また、筋肉や脂肪から痩せていくので、とても不健康な痩せ方になります。放置しておけば、衰弱に向かう一方です。

体は細胞から成り立っていますが、病気になるとその細胞の一つ一つが栄養不足に陥り、非常に不健康になります。ただ痩せているだけの状態では終わらず、腎臓や肝臓などの臓器に合併症が出て来れば、生きて行くために必要な働きを失ってしまうことになります。いくら食べても太らないというのは、実はとても危険な状態なのです。

糖尿病が進行してしまうと、体に必要な栄養素すら受け取れなくなります。体は栄養を求めているのに、いくら食べてもそれが補充されないというのは直接命に関わります。これを「糖代謝の異常」と言いますが、これを改善していくことが治療には必要になります。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ