妊娠糖尿病になると治療しても糖尿病になりやすくなる!?

妊娠するとホルモンバランスが変化するので、今までとは体質も変わる事があります。妊婦さんはどうしても血糖値が高くなりやすいので、妊娠初期には血糖値を測定します。これは妊娠によるホルモンバランスの変化が、インスリンホルモンの効き目を弱くしてしまうからです。

妊娠糖尿病になってしまったら?

もし妊娠糖尿病になっても妊娠を継続しながら治療も可能です。ただし妊娠中はできる治療も限られますので、食事療法で血糖値の上昇をコントロールしていくのが一般的です。

しかし中には食事療法だけでは思うように効果が出ない事があるので、こういう場合はインスリン療法も取り入れます。血糖値が高いという状態はお母さんだけでなく、お腹の赤ちゃんにもざまざまな影響を与えてしまいます。


妊娠糖尿病が原因で早産や死産のリスクを高めますし、お腹の中で低血糖になりそのまま死んでしまう事もあります。お母さん自身も妊娠高血圧症候群になりやすく、赤ちゃんへの影響はさらに深刻になります。妊娠したら血糖値を把握しておく事が大切です。

妊娠糖尿病は出産後どうなりますか?

妊娠糖尿病になっても出産後に、血糖値も落ち着き症状も改善される事があります。しかし妊娠糖尿病になる人は、他の人に比べて元々糖尿病のリスクが高い人です。

中には妊娠前に既に糖尿病になっていたのにそれに気づかず、検診で発覚する事もあります。この場合は妊娠糖尿病としてではなく、糖尿病となりますが妊娠により母体と胎児への影響も大きく重篤になります。

この場合は徹底した血糖値コントロールが必要です。妊娠糖尿病になっても治療で症状が改善すれば普通に生活できますが、常に糖尿病のリスクを抱えている事に変わりないので、生活習慣を改めなければその後高い確率で糖尿病になります。

ただしリスクが高いとわかっていれば、予防する事で糖尿病を回避できます。生活習慣と食事を見直し、運動も取り入れていきましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ