妊娠糖尿病になる原因と症状は?

妊娠すると体の中では様々な変化が起こりますが、妊娠をきっかけに糖尿病になったり、糖尿病だったことが判明したりする事があります。妊娠中はどうしても血糖値が高くなりやすいのですが、糖尿病である事には変わりないので様々な症状も出てきます。

妊娠糖尿病の原因

妊娠糖尿病になるのは妊娠が原因ではなく、元々糖尿病になるリスクを抱えていたからです。妊娠中はどうしても血糖値が高くなりやすいのですが、インスリンが正常に分泌されていれば妊娠糖尿病にはなりません。


家族や近い親族に糖尿病患者がいる人は、自身も糖尿病になるリスクが高いと覚えておきましょう。妊娠中に太るのは仕方ありませんが、太り過ぎは妊娠糖尿病のリスクを高めます。

遺伝も糖尿病の原因になると言われているので、太りやすい体質の人は妊娠中に許容範囲を超えないように食事管理も必要です。妊娠中は無理できませんが安定期に入ったら適度に体を動かして運動も取り入れましょう。運動不足も太る原因となります。

妊娠糖尿病の症状

妊娠するとホルモンバランスが変化するため、インスリンホルモンが効きにくくなります。妊娠糖尿病になった場合症状が現れるのはお母さんだけとは限りません。お腹の中の赤ちゃんにも影響が出るので注意は必要です。個人差はありますがお母さんに出る症状としては、羊水過多症や妊娠高血圧症候群、早産や流産のリスクも高まるので軽視出来ません。

赤ちゃんへの影響としては、お腹の中にいる時に低血糖になり死んでしまう事があります。巨大児、心臓肥大や先天性奇形になる事もあるので、赤ちゃんへの影響は計り知れません。妊娠中はただでさえ血糖値が高くなりやすいので、それを自覚し必要以上に血糖値を高めないように予防も大切です。

妊娠する前から糖尿病だった場合症状がひどくなる傾向がありますが、それに気づいていない人も多いため、妊娠初期から自分の血糖値を測定し把握しておく事が大切です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ