妊娠糖尿病とは

糖尿病の原因もいくつかありますが、中には妊娠糖尿病というのもあります。これは妊娠する事により体の中で起こる変化も関係していますが、妊娠中は血糖値が高くなりやすい傾向があるので注意しましょう。


妊娠糖尿病になりやすい人

妊娠中に血糖値が高くなるのは誰にでもある事ですが、元々太り気味だった人や、家族に糖尿病患者が居る場合は、妊娠糖尿病になるリスクも高まります。

糖尿病は遺伝するとも言われていますが、親子は体質や生活習慣が似る事も関係しています。親が糖尿病でも子供が早いうちから生活習慣や食事に注意していれば、糖尿病になるリスクが高くても予防する事が可能です。

妊娠糖尿病になる人は、元々糖尿病になるリスクが高い人と覚えておくといいでしょう。妊娠中はただでさえ体がデリケートな状態になりますし、糖尿病には変わりないのでそうならないよう注意しましょう。

妊娠糖尿病での胎児へのリスク

妊娠糖尿病になると母体だけでなく胎児への影響も心配です。お母さんが糖尿病になればお腹の中の赤ちゃんにも何らかの影響が出てしまいます。妊娠糖尿病になると早産や流産のリスクも高まりますし、妊娠高血圧症候群、赤ちゃんの低血糖や先天性奇形の原因になる事もあります。

もしも妊娠糖尿病になったとしても、妊娠を継続しながら治療はできます。これは個人差もありますが、妊娠糖尿病になっても出産すると改善する人もいます。しかし元々糖尿病のリスクが高い人は、産後も血糖値が改善されない事がありますがこの場合はしばらく治療を続けます。

また出産で症状が改善しても、その後の生活習慣次第では糖尿病になる可能性は高い状態と覚えておきましょう

治療に関しては医師と良く相談しながら進めますが妊娠中にできる治療は限られますので食事療法を取り入れるのが一般的です。しかし食事療法だけでは改善できない事も多く、この場合はインスリンを使います。個人差もあるので治療に関しては医師とよく相談しながら進めます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ