妊娠糖尿病の疑いが見つかって再検査することになったら・・・

妊娠すると体の中では目に見えない変化が起こります。それは次第に目に見える変化となり自覚できるようになりますが、妊娠によるホルモンバランスの変化は思わぬ病気の発覚につながる事があります。個人差はありますが妊娠糖尿病もその一つです。


妊娠糖尿病とは?

妊娠するとホルモンバランスが変化するので、体質も変わります。妊娠中に太るのは仕方ない事ですが、人によって許容範囲が違いますので、太りすぎれば健康にも影響が出てしまいます。

妊婦さんは妊娠前よりも血糖値が高くなりやすいので、妊娠初期に血糖値の検査をします。この時特に問題なくても、後になって高血糖である事が分かれば、妊娠糖尿病の可能性も出てきます。

妊娠初期はそれほど血糖値が高くなくても、インスリンホルモンが効きにくくなるのはわかっているので、血糖値の検査は大切です。もしもこの時血糖値が高いと再検査でさらに詳しく調べる事があります。再検査をする場合は妊娠糖尿病の可能性も高いかもしれません。

妊娠糖尿病の治療

妊娠糖尿病が怖いと言われるのは、影響がお母さんだけでなく赤ちゃんにも及ぶからです。妊娠糖尿病は早産や死産のリスクを高めると言われていますし、お腹の中で低血糖を起こし死んでしまう場合もあります。

無事に生まれてきても先天性奇形になる可能性もあるので、早い段階で治療を開始します。もし妊娠糖尿病だと診断されても治療は可能なので、あまり思いつめないようにしましょう。治療に関しては食事療法を取り入れますが、安定期に入り動けるようになったら適度に運動も取り入れていきます。

お腹が大きい状態で無理は禁物ですが、出来る範囲で運動を取り入れ体重管理もしっかりと行います。それでも改善されない場合は、インスリン療法を取り入れます。

妊娠糖尿病になっても食事と血糖値の管理をきちんとしていれば、出産後に症状も改善されていきます。ただし糖尿病になるリスクは依然高いままなので、その後の生活も注意してください。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ