妊娠中に女性ホルモンが悪化すると妊娠糖尿病になる!?

妊娠すると体の中では様々な変化が起こります。ホルモンバランスの変化は体調や精神に大きな影響を与えますが、それ以外のところにも多大な影響を与える事があります。妊娠糖尿病もその一つと考えていいと思います。

ホルモンバランスの変化がもたらす影響

妊娠すると女性ホルモンは大きく変化しますので、様々な変化が起こります。妊娠初期はつわりがあるのでほとんどの人が満足に食事もできませんが、この時期はまだ胎児も小さくそれほど多くの栄養を必要としないので食事ができなくても、食べられる時に食べられる物を口にしていれば大丈夫です。


しかしお腹の中の赤ちゃんが成長するにつれて必要な栄養を補うためにたくさん食べるようになります。

妊娠中に太るのは想定内の事ですし、太ってもいい許容範囲を超えなければ特に問題ありません。ただし妊娠中はホルモンバランスが変化するので血糖値が上がりやすく、インスリンホルモンが効きにくくなる傾向があります。これも妊娠糖尿病になる原因と考えられています。

糖尿病と妊娠糖尿病の違い

妊娠をきっかけに血糖値が高く妊娠糖尿病であると診断されても、出産で徐々に血糖値が改善していく事があるので、一般的な糖尿病とは少し違います。

元々糖尿病だった人が妊娠しても妊娠糖尿病とは言いません。ただし糖尿病の人が妊娠すると病気のリスクも高くなるので注意は必要です。そもそも全ての妊婦さんが妊娠糖尿病になるわけではありません。

多少血糖値が高くなるのは否めませんが、妊娠糖尿病になる人は元々そういう体質の人で、出産後も糖尿病になるリスクを抱えていると言われています。出産で一時的に血糖値が改善されでも、生活習慣に原因がある場合は糖尿病になるリスクも高くなります。

妊娠糖尿病になっても食事療法やインスリン療法が可能ですが、元々糖尿病になりやすい体質の人は出産後もしばらくは治療を続けていく事になります。妊娠糖尿病は赤ちゃんへの影響もあるのでそうならないよう予防も大切です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ