実際に2型糖尿病の治療に効果がある薬はあるの?

2型糖尿病の治療では、食事制限適度な運動による治療が基本となります。しかしこれだけでは十分に血糖コントロールが出来ない場合もあります。そんな時には薬物療法も並行して行われる事になります。

糖尿病治療での薬物療法には、インスリン注射と飲み薬の2つがあります。インスリン注射は、体内にインスリンそのものを取り入れることになるので、かなり効き目があります。

飲み薬の場合には、インスリンそのものを取り入れるのではなくて、インスリン分泌を良くしたり、インスリンの効き目を良くするなどの効果があるものです。実際にこのような飲み薬には効果があるのでしょうか。


実際2型糖尿病治療に飲み薬は効果があるの!?

食事制限と適度な運動を続けてみても血糖コントロールが上手くいかない場合には、まず飲み薬による治療が開始されます。2型糖尿病治療で使用される飲み薬には、すい臓に作用してインスリンを分泌させる働きがあるものや、筋肉や細胞に作用してインスリンの作用を高めるものなどがあります。血糖値を下げることが目的の飲み薬ですが、アプローチの仕方が異なる飲み薬が数種類あります。

これらの飲み薬は、実際にどのくらいの効果があるのでしょうか。もちろんこれはそれぞれ人によって効果の程度は異なりますが、基本的なこととして言えることは、正しい飲み方をしないと効果が得られない、ということです。

作用の持続時間や作用し始める時間などは、それぞれの薬によってさまざまですから、正しいタイミングで飲まないと効果が全く得られないこともあります。また正しい飲み方をしないと低血糖になる危険性もあります。飲み薬の効果を最大限に得るためには、食事管理と運動をきちんと行うことと、薬を正しく飲むことが大切になります。

2型糖尿病治療で飲み薬を飲む時の注意点

2型糖尿病治療ではいろいろな種類の飲み薬がありますが、どれも血糖値を下げる作用がありますので、正しく飲まないと低血糖になる危険性が出てきます。脱力感や手足の震え、発汗や動悸などの低血糖の症状が現れた場合には、速やかにブドウ糖や糖分の入った清涼飲料水を飲むことが大切です。

砂糖に含まれている糖分では、吸収されるまでに時間がかかるので、ブドウ糖が最適です。体調が今ひとつな時、病気の時にも低血糖を起こしやすくなるので、医師と相談するようにしましょう。飲み薬による治療が始まった方は、いつでもブドウ糖を携帯しておくようにしましょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ