ビグアナイド薬を使った投薬治療でインスリンの働きを改善する

2型糖尿病で行われる投薬治療は、食事療法運動療法を行っても血糖コントロールが良好でない場合に行われることになります。

糖尿病の投薬治療で用いられる薬には、インスリンの働きを改善する薬、インスリン分泌を促進する薬、そして糖の吸収を緩やかにする薬の3タイプがあります。

インスリン分泌を促進させるスルホニル尿素薬に次いで広く使用されているのがビグアナイド薬です。こちらはインスリンの働きを改善する薬で、スルホニル尿素薬などと併用されることもあります。


 ビグアナイド薬にはインスリンの働きを助ける働きが!

インスリン分泌を促進させるスルホニル尿素薬は、すい臓に働きかける薬ですが、ビグアナイド薬が働く場所は、肝臓や筋肉、小腸となっています。肝臓ではブドウ糖が常に作り出されています。

そして血液中に放出されているのですが、2型糖尿病になると、血液中に放出されるブドウ糖の量が過剰になってしまいます。ビグアナイド薬は、この肝臓から血液中に放出される糖の量を抑制する働きがあります。

2型糖尿病のインスリン分泌量の低下やインスリン抵抗性によって、肝臓からの過剰になった糖の放出を、ビグアナイド薬で抑制できるのです。その結果、血糖値を下げることができます。

さらにビグアナイド薬には小腸でのブドウ糖吸収を抑制したり、筋肉などのインスリン感受性を改善する働きもあります。これらの作用によってインスリンの働きを改善することができるのです。

2型糖尿病の投薬治療での注意点

2型糖尿病では、インスリンの働きを改善するビグアナイド薬やインスリン分泌を促進するスルホニル尿素薬、ぶどう糖の吸収を緩やかにするα‐グルコシダーゼ阻害薬などがあります。

それぞれ血糖値を下げることが目的の薬ですが、それぞれ作用の仕方が異なっていますので、医師が患者の病状などに併せて適切な薬を選んでくれます。

ビグアナイド薬では、インスリン分泌を促す薬ではないので、低血糖の恐れが少ないのですが、乳酸アシドーシスという副作用のおそれがあります。

これは血中に乳酸が蓄積された結果、血液が極端に酸性に傾いた時に起こる症状で、急激に発症し、数時間放置すれば昏睡状態にもなる危険なものです。高齢の方や夏場、疲れている時などの服用には注意が必要な薬です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ