2型糖尿病になるとずっと薬物治療し続けなければいけない!?

2型糖尿病になると永遠に薬物治療しなきゃいけないの? という疑問についてですが、インスリン注射ならやめられる可能性がありますし、2型糖尿病なら症状をグッと改善させる見込みがあるので諦めるのは早計です

インスリン注射はやめられる

もちろんインスリン治療をやめたり糖尿病を完治させるには食生活の改善など多大な努力が必要になりますが、それでもインスリン治療をやめられた人は沢山居ますので絶対に諦めないで下さい。


そもそもインスリン注射は最後の手段という意味で使われる訳ではなく、あくまでも糖尿病という状態を回復させて完治させる目的のために行う訳ですから、その目的が果たされたらもうインスリン注射を続ける必要性は無くなり、完治すれば薬物治療に別れを告げる事が出来ます。

ただし2型糖尿病でも基本的に糖尿病というのは完治させるのが圧倒的に難しい病気ですから、ちょっとの努力で薬物治療をやめられる、という安易な考えを持つのはナンセンスです。

どうすればインスリン注射をやめられるの?

簡単に言えば体内のインスリンの必要量を減らしてインスリン分泌を活性化させて正常にすればインスリン注射をやめられるのですが、インスリンを活性化させるためには絶対的にバランスの取れた食事を取り、早寝早起きして積極的に運動をするなどして正しい生活習慣を身に付ける事が絶対条件になり、医者の指示を良く聞き自分なりに努力しなければなりませんので、インスリン注射をやめられるかどうかはその人の努力次第という事になります。

特にすい臓の機能がまだ弱ってない内に早期発見をしてインスリン注射を行い、血糖値を正しくコントロールしていけば糖尿病を改善させやすく、完治まで持っていける可能性も高まります。

しかし暴飲暴食をしたり、好き嫌いが激しくて食物繊維のある野菜を全然食べなかったり、ゴロゴロして体を全く動かさないような生活を続けていたらインスリンはいつまで経っても活性化せず、ずっとインスリン注射を続ける羽目になってしまいます。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ