ヘモグロビンに効くサプリメント

糖尿病や高血糖に関係の深いヘモグロビンA1cに効果があるのは漢方を使ったサプリメントです。もっともメジャーなのは高麗人参で、サポニンによって血行を良くし、血管の強度を増してくれます。

そうすることで脂質、コレステロールが減少すると期待されています。さらに田七人参はそのサポニンが高麗人参よりも多く、血糖値を正常に保とうとしてくれます。血行を良くし、活性酵素を取り除くことで、免疫力をアップ、血圧を抑えて血流を改善してくれます。

「ヘモグロビンに効くサプリメント」の続きを読む…

高くなったヘモグロビンA1Cの数値を下げるためには?

ヘモグロビンA1Cの数値を下げるには毎日運動することが大切です。

ヘモグロビンA1Cの数値を下げる方法

特に有酸素運動は効果的とされており、有酸素運動は体に酸素を取り入れながら糖をエネルギーとして消費していきます。ですから血液中の糖はどんどん消費され、ヘモグロビンは酸素を運搬するようになるのです。

ジョギングやウォーキング水泳が良いと言われていますが、時間がないという方は通勤中の駅までの道を歩く、階段を使うなどして運動時間を取り入れて見ましょう。

「高くなったヘモグロビンA1Cの数値を下げるためには?」の続きを読む…

ヘモグロビンA1Cの値が6.5%以上だと糖尿病の危険がある!?

健康診断の血液検査で判明するヘモグロビンA1C値は血液中の血糖と結びついたヘモグロビンの割合を示す数値です。

ヘモグロビンA1Cで分かること

正常値は2012年4月から国際規格の6.5%以下となっており、糖尿病の診断や血糖管理にもこの数値が使われるようになりました。

ヘモグロビンA1Cが高いと高血糖等判断になり、生活習慣の改善食事療法運動療法などの指導を受けることになります。医師の診察の元、正しい指導がなされることで、ヘモグロビンA1Cの数値も改善に向かうのです。

「ヘモグロビンA1Cの値が6.5%以上だと糖尿病の危険がある!?」の続きを読む…

ヘモグロビンA1Cの数値が高いと高血糖状態!?

ヘモグロビンA1Cが高いと高血糖なのかという人がいますが、まず高血糖とは何かというと、糖の濃度が必要以上にあるという状態を言います。

高血糖はどんな状態を示すのか

血糖は血液中のブドウ糖のことを言いますが、ヘモグロビンと結合することでエネルギーとして体中に送り込まれていきます。しかし糖分を取りすぎると血液中にブドウ糖が余り、濃度を上げてしまいます。

「ヘモグロビンA1Cの数値が高いと高血糖状態!?」の続きを読む…

ヘモグロビンA1Cの値が高い場合の改善方法

ヘモグロビンA1Cの値が高いと糖尿病の危険性が出てくるばかりか、合併症の神経障害や腎症、網膜症などが襲い掛かる危険性があります。健康診断などでヘモグロビンA1Cが高いと判断されたら、改善していくようにしたいものですが、何より大切なのは専門医を受診することです。

「ヘモグロビンA1Cの値が高い場合の改善方法」の続きを読む…

ヘモグロビンA1Cに異常が見つかったらまず医者に相談しよう!

ヘモグロビンA1Cは過去1~2ヶ月の血糖コントロールの状態を表します。これは直前の血糖コントロールを表す血糖値のデータよりも糖尿病の進行具合や改善具合を見るのに必要不可欠とされており、医師の多くもヘモグロビンA1Cを参考に治療を進めていきます。

ですから健康診断や人間ドッグでヘモグロビンA1Cの判定が異常や要検査などと出た場合は早めに医療機関を受診する必要があります。

「ヘモグロビンA1Cに異常が見つかったらまず医者に相談しよう!」の続きを読む…

健康的な成人のヘモグロビンA1Cの基準値はいくつ?

健康診断などで出てくるヘモグロビンA1Cですが、基準値がどのくらいかというと6.2%未満になります。

ただし、この6.2%と言うのは優とされる基準値であり、まったく問題ないとされるのは良と判断される6.2~6.8%になります。経過観察が必要とされるのは6.9~7.3%で、検査が必要とされるのが7.4~8.3%、糖尿病型と判断されるのが8.4%以上になります。

「健康的な成人のヘモグロビンA1Cの基準値はいくつ?」の続きを読む…

ヘモグロビンA1C値で自分の血液状態を知ろう!

ヘモグロビンA1C値は血液中のヘモグロビンが血糖と結びついた割合を示す数値です。健康診断などの血液検査の結果、ヘモグロビンA1C値の数値が高いと高血糖ということになるのですが、なぜヘモグロビンA1C値が高血糖につながるのかと言うと、ヘモグロビンの仕組みを知れば分かるでしょう。

「ヘモグロビンA1C値で自分の血液状態を知ろう!」の続きを読む…

ヘモグロビンA1Cは酸素を全身に送る役割を果たしている

ヘモグロビンA1Cと言う言葉が健康診断の血液検査結果に見られますが、これは酸素や血糖を運搬し、細胞に送り出す役割を持つ物質です。

酸素を運ぶのに大切なヘモグロビンA1C

元は血液中のヘモグロビンであり、ブドウ糖と結合した一部のものをヘモグロビンA1Cと呼びます。正式名称はグリコヘモグロビンであり、たんぱく質の一種です。長く高血糖状態が続いた場合に血液内にある余分なブドウ糖と結びついてできたものです。

「ヘモグロビンA1Cは酸素を全身に送る役割を果たしている」の続きを読む…

血液検査の項目にあるヘモグロビンA1C値って何?

健康診断で数ある血液検査の結果のうち、糖尿病を気にするならチェックしてほしいのがヘモグロビンA1C値です。このヘモグロビンA1C値というのは血液中のヘモグロビン濃度のことですが、ただのヘモグロビンではなく、血糖と結びついたヘモグロビンになります。

「血液検査の項目にあるヘモグロビンA1C値って何?」の続きを読む…