ヘモグロビンと糖尿病の関係

健康診断を受けたとき、血液検査の結果がいろいろと出てきますが、わけのわからない記号もたくさんあります。

健康診断で見たいヘモグロビンの値

どれがどの数値なのか知りたいと言う方は、HbA1cという項目をチェックしてみましょう。この項目は血液中のヘモグロビン濃度を示し、血管を流れる血液の中にどれだけヘモグロビンが含まれているかが示されています。

ヘモグロビンと言うと貧血と関係があるのでは、と考える人も少なくありませんが、実は糖尿病とも密接な関係があります。

「ヘモグロビンと糖尿病の関係」の続きを読む…

糖尿病を気にして血糖値の計測器を購入する人が急増中

血糖値を気にしている人は増え、血糖値を自宅でも測ろうと測定器を購入する人が増えています。血糖値を自宅で測ることで、毎日の血糖コントロールの具合を見ることができますし、糖尿病をいち早く疑うこともできます。

増える血糖値測定機構入者

今はたくさんのメーカーが血糖値測定器を販売していますから、それだけ多くの人が糖尿病や血糖値に関心があると言うことです。糖尿病になると心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まりますし、壊疽や人工透析など日女生活に支障をきたすため怖いことばかりです。

そんなリスクを少しでも回避するために、血糖値測定器を購入することは決して悪いことではありません。

「糖尿病を気にして血糖値の計測器を購入する人が急増中」の続きを読む…

糖尿病になったら自宅でも血糖値を測定できるようにしよう!

血糖値は病院でしか測ることができないわけではありません、自宅でも血糖値測定器を使って血糖値を知ることはできます。自宅で血糖値を測定するメリットは様々ですが、定期的に測ることによって血糖コントロールがしやすくなると言うことがあります。

糖尿病改善のためにも自宅で測定を

血糖値は健常な人でも常に同じわけではありませんし、まして糖尿病のように薬を服用している場合はコントロールも難しくなります。ですから自宅で血糖値を定期的に測定し、血糖コントロールできているかどうか知る必要があるのです。

「糖尿病になったら自宅でも血糖値を測定できるようにしよう!」の続きを読む…

血糖値を測定したい!血糖値はどこで測定できるの?

血糖値をどこで測定するか、正しい値を出したい、医師から指示を得たいという場合はやはり病院で測るのが適切です。

定期検査なら病院で血糖値を測定

病院では血液検査を行い、血液中のヘモグロビンや血糖の値を出し、糖尿病の進み具合や改善具合を見ます。専門の医師が結果を元にアドバイスをくれますから、安心して検査を受けることができるのも病院における検査の良いところです。

定期的に検査を受けることで、血糖コントロールが上手にできているのか、処方されている薬は効果を発揮しているのかなどが分かります。

「血糖値を測定したい!血糖値はどこで測定できるの?」の続きを読む…

血糖値を測定する方法

血糖値は自分でも簡単に測定することができます。通常定期的に検査を受けるだけであれば、血糖値の測定は病院で行いますが、場合によっては自己測定を医師から指示されることがあります。また医師からの指示がなくても気になる方は自分で血糖コントロールを目的として血糖値を測ることも可能です。

血糖値の測定は自分でできる

血糖値の測定方法は測定器にチップあるいはセンサーを設置し、血液を吸引させます。少量の血液さえあれば測定できますので、指先に軽く針を刺して血を採取するだけで簡単に自動測定してくれるのが特徴です。

「血糖値を測定する方法」の続きを読む…

糖尿病になると血液中にブドウ糖があふれて高血糖になる!

糖尿病は血液中のブドウ糖の割合が非常に高い状態ですから、通常よりも血液中に締めるブドウ糖の数が多くなります。このブドウ糖は本来インスリンによって各期間へ送られ、細胞のエネルギーとなって働きますが、インスリンの量が不足しているとブドウ糖が血液中にあふれ出し、高血糖になってしまいます。

「糖尿病になると血液中にブドウ糖があふれて高血糖になる!」の続きを読む…

血糖値に異常が見つかると再検査をしなければいけない!?

糖尿病は初期段階ではほとんど自覚症状がありませんから、血糖値が高いと言われても多少高いだけだと放っておく人が多く見られます。

ですが糖尿病の場合、検査の病気と言われるように、検査をしっかり行い、治療を進めていかなければやがて失明、壊疽による切断、人工透析生活になることも考えられるのです。ですから血糖値に異常があった場合、早めに病院を受診し、定期的に検査をする必要があります。

参考:血糖値の正常な範囲はどれくらい?

「血糖値に異常が見つかると再検査をしなければいけない!?」の続きを読む…

血糖値の基準値はいくつ?高い値も良くないが低すぎてもダメ?

血糖値と言うと、健康診断のときに血液検査で測るもの、という考えを持つ人が多いでしょう。確かにその通りですし、血糖値が分かれば糖尿病のリスクを見出すこともできますし、早めに対処することもできます。

ですが血糖値には最低値と最高値があり、その範囲内であれば正常とされています。意外と多いのが血糖値は低ければいい、と思っている人です。確かに血糖値は高いと糖尿病の可能性が高くなりますし、命の危険性も出てきます。ですが血糖値が低いとこちらも低血糖で命の危険性に陥りやすくなるのです。

「血糖値の基準値はいくつ?高い値も良くないが低すぎてもダメ?」の続きを読む…

血糖値を下げ過ぎてしまうと低血糖になって体に良くない!

血糖値が高すぎると糖尿病になる危険性が高まるのであれば、血糖値は低ければ低いほど良いのか、というとそういうことではありません。血糖値には標準値があり、その値を下回ってしまうと生命に危険が及ぶことがあります。

血糖値の下降も体には危険

では一体血糖値が下がるとどのようなことが体に起こるのでしょうか。低血糖は基本的に血糖値が60mg/dl以下になることを指します。

低血糖が起こると集中力の低下、無気力、イラつき、落ち着きのなさなどが起こります。さらに症状が進むと冷や汗や頭痛、吐き気にめまいに襲われ、いずれはこん睡状態となって死に至ることもあります。詳しい症状と血糖値の関係を見ていくと、血糖値が70mg/dl以下になるとお腹がすく、あくびが出ると言った症状が現れ始めます。

「血糖値を下げ過ぎてしまうと低血糖になって体に良くない!」の続きを読む…

血糖値が体に与える影響

高血糖になると体に様々な弊害が生じます。血液中の糖の濃度が高くなるわけですから当然血液はどろどろの状態になり、水分不足から脱水症状を起こすこともあります。

さらに進むと糖尿病になったり、心筋梗塞を引き起こしたり、あるいは肝硬変になったりと、様々な命に関わる病気のリスクが高まってしまうのです。

血糖値が上がると体に何が起こるのか

糖尿病は完治する見込みのない病気ですし、血糖値の高い状態が続けば糖尿病網膜症や糖尿病腎症、糖尿病性神経障害など、失明や人工透析、壊疽による切除などの合併症も引き起こされてしまうのです。そうすると日常生活には支障となり、働くのもままならない状態となってしまいます。

「血糖値が体に与える影響」の続きを読む…