糖尿病予防には菊芋サプリメントを飲もう!

菊芋サプリメントの菊芋は、もともとは北米大陸に住んでいるインディアンが食べていた食料のひとつです。キク科の植物で収穫前には菊のような黄色い花が咲くことから菊芋と名づけられたようです。

日本へは、飼料用の作物として導入されましたが、第二次世界大戦後の食料難の時代に代用食として多くの日本人が食べるようになったと言われています。見た目は、芋というよりは生姜の塊のように見えますが、菊芋に含まれている栄養価はとても高いことがわかっています。


菊芋はデンプンではない多糖体で構成されている

菊芋に含まれている糖質は、芋のようなデンプンではなくイヌリンという多糖体によって構成されています。芋に含まれているデンプンは、胃の中に入るとブドウ糖に分解されるので血糖値を上昇させる働きを行いますが、イヌリンという成分はデンプンではないので血糖値を上昇させることはありません。

菊芋の栄養素のほとんどはこのイヌリンが主成分となっています。イヌリンという成分は、菊芋だけではなく私たちが日頃から良く食べる玉ねぎやごぼう、ニラなどにも含まれていると言われていますが、その含有量は他の野菜と比べても菊芋がダントツです。

菊芋を食品として食べる場合の副作用はないようですが、サプリメントとなると、菊芋以外の成分も配合されていることも考えられるのでどのような成分が配合されていて菊芋はどのくらい含まれているのかというのはサプリメントを購入する前にはチェックする必要はあると思います。

天然のインスリンと言われるイヌリンが菊芋に含有

菊芋サプリメントに多く含まれているイヌリンという成分は、天然のインスリンとも言われています。菊芋をいくら食べても血糖値を上げることはありません。そのため、糖尿病の予防につながると言われています。

糖尿病の他にも肥満や便秘を解消したり、生活習慣病を予防するなどの効果があると言われているので、菊芋サプリメントは生活習慣病が気になる年齢になってきたら糖尿病の予防として飲み始めるようにするとよいかもしれません。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ