サプリメントで糖尿病を予防

糖尿病を予防するための血糖値を下げることのできるサプリメントが数多く販売されるようになってきましたが、実際にサプリメントを服用する場合は、サプリメントの安全性やどのくらいの効果を得ることができるのかを理解した上で服用することが大切です。


血糖値の上昇を抑える効果のある成分をサプリメントで摂取できる

血糖値を下げることのできるサプリメントは難消化性デキストリンという成分やグアバ葉ポリフェノール、豆鼓エキス、小麦アルブミン、L-アラビノースという成分が配合されているサプリメントで、どの成分も糖尿病の原因となる食事で摂取した糖の分解の時に働く酵素の働きを弱め、血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。

サプリメントを飲んでいれば糖尿病を予防することができるというほど、サプリメントは効果の高いものなのかというと、決してそういうものではないようです。

あくまでも、食事を終えた後の血糖値の上昇を抑える効果があるというだけで、暴飲暴食の生活を常に行っていたり、糖尿病になりやすいような生活習慣を改善せずにサプリメントだけに頼っていては、糖尿病を予防することは難しいようです。

糖尿病を予防するためにサプリメントを補助的なものとして摂取することはとても効果的だと言われていますが、サプリメントだけに頼るのはとても危険です。基本的な食事や運動など日常生活から糖尿病を予防するような生活習慣を心がけることは何よりも大切なことだと言われています。

糖尿病を発症し治療中の人は、自己判断での服用はやめましょう

糖尿病の予防のためにサプリメントを摂取する場合、今現在、健康だという人が飲んでも問題はないようです。しかし、糖尿病を発症して治療中という場合は、処方されている薬との相性などもあるので、自己判断で服用するのではなく医師や薬剤師などに相談してから服用することが大切です。

サプリメントで糖尿病は、ある程度までは予防することはできますが、それはあくまでも食事や運動など基本的な予防を行った上で、サプリメントを追加するという意識を持つことが大切です。

サプリメントを飲んでいるから多少食べ過ぎても大丈夫という感覚では、どんなに効果があると言われているサプリメントを飲んでいたとしても糖尿病を発症してしまう危険性は高くなるので注意が必要です。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ