1日3食しっかりとろう!食事を抜くと糖尿病になる!?

糖尿病になってしまう原因はインスリンの分泌など様々な原因がありますが、要するに偏った栄養ばかり摂ったり食べたり無かったり、そういう不適切な食生活が引き金になって体の異常というトラブルを引き起こしてしまう訳です。

例えば今日は昼間に起きて晩御飯だけ食べる……みたいな適当な食生活などは特に血糖値のコントロールが不安定になって糖尿病になってしまいます。


バランスの良い食生活が糖尿病を防ぐ!

1日3食を基本にしてバランスの良い食生活を送っていれば、糖尿病になってしまう事はまずありませんし、糖尿病になる人のほとんどは乱れた食生活が原因になっているものです。

とにかく1日3食、栄養のある食事を摂っていれば血糖値が乱れる事は無いですし、サラサラの血液を維持する事が可能になるのは言うまでもありません。ただし、どんなに1日3食を心がけても栄養のバランスが偏っていたり食べる時間がズレすぎていると効果的とは言えませんので、食事の内容と時間もしっかりさせましょう。

1日3食の食事でストレスを無くそう!

不安定な食生活は体調不良やストレスに繋がり、体調とストレスの悪化は血糖値にも影響が出て糖尿病になる理由の一つとなってしまいますから、健康的な食生活を送って体調を維持し、心を不安定にしない努力が必要です。

そして1日3食をきちんと摂っていれば体調は良好なまま維持出来ますし、無駄にストレスを感じる事だって無くなりますから、結果として1日3食の安定した生活は精神面にとても良い影響を与えるのです。

結論として、1日3食の生活は精神的にも肉体的にも良い影響を与える訳で、この二つの要素が安定していれば糖尿病になるリスクを大幅に下げられるという事になります。

もし貴方が乱れた食生活を送っているのなら、今すぐ3食とバランスの良い食生活を心がけた方が良いでしょうし、乱れた食生活を続ければ糖尿病を発症する可能性が刻一刻と増えてしまい後戻り出来ない事態になってしまう事でしょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ