規則正しい食生活にするとカロリーが抑えやすくなる!?

例え1日3食を守っていたとしても、ジュースをがぶ飲みしたり缶コーヒーを何本も開けたり、食事の後にケーキやホットケーキを食べたり、お店でパフェばかり食べたり……なんて食生活を続けてたら糖尿病へ向けてまっしぐらです。

規則正しい生活の基本は食生活!

規則正しい生活の基本は正しい食生活ですから、過度なカロリーの摂取は避けて人並み程度の摂取に抑えないとカロリーはどんどん増えていくでしょう。


しかし積極的に運動をしてそれなりに体を動かし、人並み程度に健康な食生活を送って余分にカロリーを摂取していなければ、もちろんカロリーを抑える事は出来ます。

カロリーは摂れば摂るほど太る訳ですから、とにかく余分にカロリーを摂取しすぎないまともな食生活さえ送っていれば、カロリー過多に悩んでしまう事はまず無いはずです。

特に炭水化物などエネルギーの補給に適した食べ物は、摂取しすぎると太る原因になりますから、これらの食べ物を過度に補給するのは危険ですので食べる量は十分に考慮しましょう。

ジュースやコーヒーの飲み過ぎに注意!

昨今の若者に多い傾向として、ペットボトル飲料やコーヒーを飲み過ぎているという事が挙げられる訳ですが、やはりジュースの飲み過ぎなどはカロリー上昇の影響になりますし糖尿病の原因にもなります。

どうしてもジュースはついつい飲んでしまうものですが、喉が乾いたらなるべくお茶や水を飲むようにしないと、どんなに健康的な食べ物を摂取していても意味がありません。

単純に考えてカロリーが多いものばかり食べていればカロリー摂取量は上昇するし、カロリーの少ないものを食べていればカロリー摂取量は減る訳ですから、カロリーやエネルギーを過度に摂取しない規則正しい食生活を送ればカロリーを抑えられる、というのは当たり前の事です。

もしカロリーを摂り過ぎているのなら、まずジュースを控えてお菓子もなるべく我慢して、自分の年齢と体重による適切なカロリー摂取量に抑えるべきです。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ