糖尿病の改善に効果的なビタミンの種類と食品

ひとえにビタミンと言っても、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンCなどに細かく分けられるのですが、もちろん糖尿病を改善させるためにはこれらのビタミンを満遍なく摂取すると効果的です。他にもビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、そしてナイアシンやビオチンなどもビタミンの種類に含まれます。


ビタミンには色々な種類がある!

こんなにビタミンの種類が多いと摂取するのが大変そうに思わるかもしれませんが、ビタミン豊富な食品は数種類のビタミンが含まれている事が多いので、そんなに心配する必要はありません。

特に数種類のビタミンを摂取出来る食品は肉、豆、チーズ、魚などで、とりあえずこれらの食べ物を良く摂取していれば数種類のビタミンを同時に補給出来ますし、特にお肉はビタミンB1、B2、B6、B12が全て含まれているので大変オススメです。

他にレバーもそうですが、意外にも肉系は非常に多くのビタミンを含んでいるので、食べ過ぎなければ糖尿病を改善するためには必要な食材となるのです。

ビタミンを多く含む食品は

先程も言った通りレバーを中心として肉は多くのビタミンを含んでおり、肉以外だと卵、乳製品、チーズ、豆、果物、牛乳など挙げればキリが無いほどビタミンを含む食品は存在します。

もちろん野菜もビタミン豊富ですし、納豆にはビタミンKが含まれていて椎茸やきくらげはビタミンDなど、意外な食品にもビタミンが含まれている事は良くありますから、色々な食べ物のビタミンを調べてみると面白いかもしれません。

とにかくビタミンを多く摂取するなら、肉と野菜料理を良く食べ、他に豆や藻屑、チーズに卵に魚などを積極的に食べているだけでも十分に色々な種類のビタミンを摂取可能ですし、レバーなら五種類のビタミンを体内に摂り入れる事も可能になります。

今回紹介した食材をまとめてみると分かりますが、野菜や魚などを中心に常識として体に良いとされている食べ物には、色々なビタミンが沢山含まれているという認識で正解でしょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ