糖尿病網膜症には目をケアするルテインを摂取しよう

糖尿病網膜症によって視力が下がってしまった場合は、ルテインが含まれている食品を多く摂取して目をケアしないとどんどん症状が悪化してしまいます。

糖尿病網膜症はルテインで治そう!

糖尿病網膜症は進行スピードが早いので、出来れば糖尿病網膜症になる前から目をケア出来るルテインを摂取した方が良い、と言ってもいいくらいにルテインの摂取は重要な事です。


ルテインは目の水晶体などの部位を正常に機能させるための働きをしてくれますので、ルテインを摂取していれば視力低下を防げますし、例え糖尿病網膜症になったとしても症状の悪化を防げるのです。

また、糖尿病と視力低下や失明なんて関係ないと思っている人が多いのが現状で、視力が低下しても何も対策を出来ずにどんどん症状を悪化させる人も居るので、そうならないように目の栄養分たるルテインの摂取は怠らないで下さい。

ルテインが含まれている食べ物は?

ルテインが多く含まれている食べ物は緑黄色野菜で、特にほうれん草とブロッコリーなどが良くルテインの代表的な食べ物として説明される事が多く、糖尿病網膜症になってルテインを摂取する場合はお医者さんなどに間違いなくこれらの食べ物の摂取を薦めます。

他にもルテインを含む野菜はありますが、中でもほうれん草に含まれるルテインは野菜の中でもダントツで、とにかくほうれん草さえ食べてればルテインの摂取は完璧と考えて頂いても問題は無いです。

他にはレタスやキャベツ、グリーンピースにトウモロコシなどもルテインは含まれていますが、その量はほうれん草に比べるとかなり下回りますから、やっぱりほうれん草を中心に食べるようにした方が効率的です。

また、このほうれん草よりも遥かにルテインが含まれている成分は青汁などに使われているケールというもので、その量はほうれん草の倍以上なのですが、もっぱら飲み物に含まれている成分なので、やはり簡単に用意して食べられるほうれん草を沢山食べてルテインを摂取するのが一番手軽で効率的でしょう。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ