糖尿病でのミネラル不足を食事で改善!

ミネラルとはカルシウムやマグネシウムなどを含む栄養素の事ですが、これらの成分を含む食事は沢山ありますので、糖尿病で不足しがちなミネラルを補給する事はとても簡単です。

ミネラル不足を解消する食事は沢山ある!

手軽にミネラルを多く摂れる食事としては大豆を使った料理、鉄分を摂るためにレバーを利用した料理、ほかにもひじきの煮物などキリがないほど沢山あります。また、飲み物なら意外とグレープフルーツジュースが多くのカリウムを含んでいるのでこれもなかなかオススメのミネラル飲料です。


特に使いたい食材としては、圧倒的なカルシウムを誇る牛乳、マグネシウムを多く含む大豆に油揚げ、銅と亜鉛どちらも多く含んでいるカキなどが挙げられ、これらを積極的に料理に使うだけで必要十分なミネラルを取り込み、糖尿病でのミネラル不足を改善する事が出来るはずです。

ミネラルさえ補給出来れば特に凝った料理を作る必要はありませんから、牛乳を飲むだけ、ひじきを食べるだけ、みたいな栄養素の摂り方でも全然問題ありません。

常にミネラルを不足させないようにする

糖尿病の時はとにかく必要な栄養分が足りなくなってしまいますから、ミネラルを補うためには定期的にミネラルを含むものを食べる必要がありますが、食材が豊富にあるとは言え定期的にミネラルを考えた食事を作るのは大変ですよね。

という事で、継続させるためにはなるべく簡単な食事でミネラルを摂った方が良いです。一日か二日ミネラルを補給しても、その後補給を止めたらまたミネラル不足の状態に戻ってしまうだけですし、少しの努力は何の意味も持ちません。

従ってミネラル不足を補うためには、いかにして自分が継続しながらミネラルを補給出来るか、というのが肝心な問題となりますので、毎日朝は牛乳を飲む、簡単に用意出来るひじきを沢山食べるというシンプルな補給方法がオススメです。

簡単に食べられるものでは他に枝豆や納豆、カツオ、アーモンド、さといもなどもミネラル成分を含んでいるので、食事の際の参考にして十分なミネラルで体を満たして下さい。




  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ